確かにそうだけど

この図は確かにそうだけど、何でこうなったかについてはちょっと考える必要があると思う。例えば技術員は元々大学にはそれなりにいたはずだけど、今はほとんどいなくなっていると思う。基本的には人員削減の西南だろうけど、それが大学の方針なのか、文部省(文科省?)の方針なのかは、不明。

広報は、一応、そういう部署があると思うけど、専門性が十分に高くないということだろうか?

規制と知財専門家は、今日的な需要だと思う。本来でれば研究者とか、事務員の枠をある程度、そちらに回すべきなのだろうか?

秘書は、伝統的に常勤ではなく、非常勤で回している気がする

とはいいつつ、研究者も事務も、人が十分かというと、そうでもないのが、自分の周りの現状かな、とか思う。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.