A Guide to Seed Fundraisingメモ①

Y CombinatorによるSeedステージでの資金調達のための基本的なアドバイス。

なぜ資金調達をするのか?

一言で言うと、資金調達をしないとスタートアップが「死ぬ」からだ。
スタートアップがブレイクイーブンを越え利益を出すまでにかかるお金は、一般的に自分のお金だけでは不足する。

High growth companies almost always need to burn capital to sustain their growth prior to achieving profitability.

ここでいうスタートアップとは、短期間に急成長をする会社のことであり、スタートアップはほぼ100%、成長率を維持するためには資金を使い果たす必要がある。

成長を遂げるには一般的に到底自己資産だけでは足りない。なので、多くのスタートアップは資金調達の方法を探す。

The good news is that there are lots of investors hoping to give the right startup money. The bad news is, “Fundraising is brutal” 1. The process of raising that money is often long, arduous, complex, and ego deflating.

良いニュースは、沢山の投資家がスタートアップに投資をしようとしていることだ。一方で悪いニュースは、資金調達は厳しい。そのプロセスは大抵長く、辛く、複雑で自己肯定感がなくなっていく。(自我の縮小)

いつ資金調達をするべきか?

Investors write checks when the idea they hear is compelling, when they are persuaded that the team of founders can realize its vision, and that the opportunity described is real and sufficiently large. When founders are ready to tell this story, they can raise money. And usually when you can raise money, you should.

ファウンダーが自分たちのビジョンを理解し、アイデアが良いかつ、ファウンダーが描く機会がリアルで十分に大きい時、投資家は注意を払う。そして、ファウンダーが自らのストーリを語る準備ができた時、彼らは資金調達をすることができる。そして資金調達ができるタイミングで資金調達はした方がいい。

実際には、ストーリーを語るだけでは十分ではない。市場の機会はなにか?カスタマーは誰か?いつプロダクトを届けるか?(リリースするか?)、プロダクトがどれくらい受け入れられているか?などを明確にしなければいけない。

いくら資金調達をするか?

理想的には利益率に届くのに必要な金額をできるだけ多く集めるのが良い。現実的には、次のステージ(“Fundable milestone”)一般的には12〜18ヶ月後に達する為に必要な資金を集めるべきだ。

Their goal should be to raise as much money as needed to get to their next “fundable” milestone, which will usually be 12 to 18 months later.

いくら資金を調達するかと、資金でどれほど成長できるか、1株あたりの資産の減少はトレードオフに当たる。シードラウンドで、手放すのが10%以下の株であれば上出来だ。しかし、ほとんどのラウンドで20%以下の株を要求されるのが普通だ。25%以上手放すのは避けるべきだ。

If you can manage to give up as little as 10% of your company in your seed round, that is wonderful, but most rounds will require up to 20% dilution and you should try to avoid more than 25%.

いつであれ、自分が要求する金額は将来のビジネスプランをつながっているべきだ。想定される複数の異なる調達資金額に基いて、複数のプランを用意しておくのが良い。

It is usually a good idea to create multiple plans assuming different amounts raised and to carefully articulate your belief that the company will be successful whether you raise the full or some lesser amount. The difference will be how fast you can grow.

“いくら資金調達をするのか?”に対する良い回答は、単純に、Nヶ月(通常は12–19ヶ月)を想定しているので、$X(通常は$500K−$1.5M)の資金調達を予定している。と言ったものになる。NとXのバリエーションに応じて、いくつもの想定プランを持っておくべきだ。

here you have a great answer to the question: “How much are you raising?” Simply answer that you are raising for N months (usually 12–18) and will thus need $X, where X will usually be between $500k and $1.5 million. As noted above, you should give multiple versions of N and a range for X, giving different possible growth scenarios based on how much you successfully raise.

資金調達方法

●資金調達方法を模索する上で参考になる記事

●補足で読んでおくべき資料

Like what you read? Give 渡辺創太 / Sota Watanabe a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.