何が言いたい都営地下鉄。

先日汐留で見かけた広告。

ビジュアルは悪くない。しかし、何が伝えたいのかがよく分からい。

家に帰ってググってみた。

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2016/sub_p_201607135802_h.html

すべての「今日」のために。

↑スローガン

都営交通が大切にする想いを端的に表現したスローガンを新たに定めました。
都民やお客様をはじめ、都営交通に関わる人の日々の暮らしを「今日」と置き換え、「すべての今日」を支えていきます。

↑国立大学の入試(現代文)並に難じぃ。

新たな情報発信プロジェクト「PROJECT TOEI(プロジェクト トエイ)」始動
発信に当たっての視点
「安全・安心」「人に優しい」「利便性」
「プロフェッショナル」「テクノロジー」
等の様々な視点から取組を紹介

↑主語がねぇ。

専用Webサイト「http://project-toei.jp

↑でもサイトデザインは「暖かみ&スッキリ」でいい感じ。

【連載】私の7つ道具
http://project-toei.jp/column/my_tools/160816_085903.html

↑確実に石川直樹の「ぼくの道具」を意識してる。でも、この道具を使ってる人の顔が全く出ていないから惜しい気がする。

哲学(philosophy)ページ
http://project-toei.jp/philosophy/
この世界最大の都市には、
さまざまな人生がある。
子どもと老人。女性と男性。
地元の人と異国の人。それらのどの人生も平等に尊い。
安全、安心、人にやさしい。
私たちのすべての活動は、あらゆる人々の生きているその瞬間瞬間の気持ちのためにある。
晴れの日も。雨の日も。
東京は、今日もつながっている。

…哲学<ポエム。

こんな雰囲気だけになってしまった原因はズバリ、

「伝えようとしているのに伝わらない」のではなく、「伝えたいものがないのに伝えようとしている」

からだと思います。

そもそも105周年ってなんやねん。

吐き出したらスッキリした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.