事業を一緒に勧めてくれる人を探すの難しい。

自分の食い扶持は自分でなんとかできて、さらに目指す未来のために投資を行える人を探さなくてはならない。

普通の求人ではどうしてもお給料分をお仕事するという前提で申し込みがあるので、この条件に合う人はそもそも来ないよね。

じゃあ、条件に合う人にジョイントしてもらうにはどうしたらいいかというと、その人もワクワクするビジョンを見せないといけない。

自分自身がそのビジョンに一生をささげるほどの熱意を持ててないのだから、そりゃ人も集められないよなぁ。

やってきたこと、うまくできること、いろいろあるけどそれらに対して今は昔ほどの情熱を持てていない。

子どもができたこともあるせいか、関心がITからもう少し広くなってしまったように思う。

やろうと思う前にすでに手が動いているタイプだっただけに、立ち止まり、「人の人生を巻き込んでまでもやりたいこと」を見つけたり、覚悟を決めることに戸惑っている。

立ち止まると、やりたいからやってきたすべてのことに理由を求めるようになって、現在の事業にすら疑問が出てくる。

本当にそれがやりたかったのか?答えられなくて動けなくなってしまう。

子育てで時間を確保できないのもあって一歩がすすまない。

こういう時は、自分の中に火が灯るまで寝て待つのが良いのかもしれない。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Miki Ishijima’s story.