<重複>やったこと

UX / UI視点でのアクセス解析<導入編>

ということで、デザイナ視点でのUXの仮説を立てて、改善を回す方法を考えてみたい。

手順は、以下の5つ。

  • UXの仮説を持つ
  • UXの仮説をシナリオで可視化する
  • シナリオから測定指標を抽出する
  • 数値の意味をUXやUIの視点で考える
  • 改善レポートはUXが「主」、数値が「従」の関係で書く

この手順で考えていくと、やみくもに掘ってしまうGoogleアナリティクスの指標から、見るべき指標が抽出され、UX主導の改善案を考察できる。というのを実践してみて感じた。

以降、実際に自分がやってみた内容を展開していく。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.