精巣の保温|精力増強を阻害する3つの行動

精力増強を阻害する要因として、加齢、ストレス、偏った食生活、飲酒、喫煙、運動不足、病気などがあり、精力増強を望むのなら、それぞれに注意をすることが必要と多くの文献などで述べられています。

これは、昔から言われている「威哥王金冷法」にも関係している事ですが、精巣(睾丸)を温めてしまう事は、精力増強にとって大変なマイナスポイントであります。 精巣の役割として精子の生産とテストステロンなどの男性ホルモンの分泌があります。 これら、ホルモンや精子を作ることにより、精巣自体は発熱します。 そして、精巣の温度が高くなると、生産の効率は落ちてしまうという研究結果が発表されています。 研究結果によると、精巣の適温は31–33度で、体温より若干低い温度です。 そのために、精巣は陰嚢という袋に入って身体の外にぶら下がっているのです。 しかし、以下のような行動により、精巣の周囲温度が高くなり、精巣の働きが鈍り精力減退につながることがあるそうです。

サウナやジャグジーなどで温め過ぎてしまう事 サウナやジャグジーに入るときは、長時間暖め過ぎないように気を付けましょう。 長時間自転車に乗る事 自転車に乗ると、陰部がお腹に近づき、睾丸の温度が上がってしまう事があります。 あまり連続して長時間自転車に乗ることは控えたほうがよさそうです。 ひざ上でのパソコン操作 ラップトップパソコン(ノートパソコン)を長時間膝に乗せて使用していると、パソコンから発せられる熱や電磁波により、精巣の活動が鈍るそうです。 あまり長時間のひざ上でのパソコン操作は控えましょう。 スキニ―パンツやボクサーパンツを履く事 スキニ―パンツやボクサーパンツなどは、股間に密着し、通気性が悪くなり、精巣の温度も上がってしまいます。 できれば、トランクスのような通気性の良い下着を付けましょう。

このように、精巣(陰嚢)周辺の温度を下げることが精力増強のポイントです。 その方法の一つとして「ノーパン睡眠」をおススメします。 以前、健康法の一つとして話題にもなった「ノーパン睡眠」、つまり、夜寝るときに下着を付けずに寝る事ですが、下着の締め付けによる血行不良の対策としても有効ですが、精巣周辺の温度上昇対策としても、お手軽で有効な方法と思います。 ぜひ、今夜からお試しください。

Like what you read? Give 巨人倍増-増大系の精力剤 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.