カープが25年ぶりに優勝しましたね。それが最近の心の支えです。

今回は「お酒をめぐる旅」の第3回。前回はこちら

お酒のデザインとの出会い

会社員時代は、チームでナショナルクライアントの大きなプロジェクトにデザイナーとして関わるという非常に充実した日々でした。ただ、自分が一人でどれくらいのことができるのか、確かめてみたい、という青い衝動に身を任せた行動で3年ほど働いていた会社、Business Architects をやめて、フリーランスになりました。しばらく自宅の神楽坂で活動していましたが、1年くらい経った頃、池尻大橋にオフィスを持っていた numabooks の内沼くんとオフィスをシェアする話をもらいました。その流れで池尻大橋へ引っ越しました。そうすると、今度は中目黒界隈で呑むことが増えることになりました。

中目黒界隈にも、たくさんの素敵なお店がありました。神楽坂に比べると全体的にお店の方もお客さんも自分の年齢に近く、今につながる出会いもたくさんありました。何度か僕の話にも登場するワイフともそこで出会いました。その頃に、キャスタリアで一緒に取締役だった森さんの中目黒のオフィスで、お酒のデザインのコンペがあるというお話をもらいました。おそらく、毎日お酒で散財している私を見かねてのオファーだったのだと思います。

お話をうかがうと、新しいことに取り組もうとしているラムのブランドの立ち上げのタイミングでした。そちらのビジュアルのブランディングを提案してほしいというお話でした。頂いたブランドと商品のコンセプトからクリエティブのコンセプトに落とし、ビジュアルの提案の準備を進めました。ラムは島の周りで取れるさとうきびを使って作るのが一般的ですが、そのラムのオーナー、竹内さんは水に惚れ込んで滋賀の山奥でラムの蒸留をはじめました。流通が整った現代でしか起こらないこのプロセスに、オーナーの背景であるモノづくりのクラフトマンシップの魂を込めたブランド、それが「NINE LEAVES」でした。ありがたいことに提案後、ご指名をいただき、未だに関わらせていただいていますが、この時の体験が、今の会社、BREWをお酒とデザインの会社としてはじめた一つのきっかけになっています。

さてさて、話は景山の次の回に続きます。

BREWing Design、次のポストは、9月23日(金)です。お楽しみに。

BREWでは、UXから実際のプロダクトまで、ビジネス、テクノロジーサイドとお肉とお酒でディスカッションし(呑みな)ながらデザインを進めることができます。

👇こんなBREW のクルーと話してみたい方はこちらから
http://brew-inc.jp/contact.html

今回は「お酒をめぐる旅」の第二回。前回はこちら

20代の酒とお金

20代とは不思議な時期だなとつくづく思いますね。身体は元気なので夜通しでいくらでもお酒を飲むことができるのですが、それにもかかわらず、残念ながら先立つものがありません。大学時代は体育会のラクロス部だったので、試合後、練習後と何かにつけてコールをかけながら安居酒屋でよく飲んでいました。あれはあの時代しかできない飲み方だなと思います。クラブでも飲んでたし、カラオケでも飲んでいたし。麻雀しながら、家でお好み焼きを焼きながらよく飲んでいたなあ。

瓶ビールの一気呑みと安いサワーとクラブのカクテルで満たされた大学時代を無事に卒業し、23歳の冬に渡米して新しいお酒の世界が開けました。ビールです。まず、アメリカでは、日本のビールも全然違う見た目や名前になっているのを知りました。その頃は、サッポロが主な日本のビールでしたね。FITに通う学生だった私には、そんな日本のビールは高級品でした。Colt 45 や Olde English 800 のような、アメリカ人言わせると ”Shitty” なモルトリカー(ビールでさえないアルコール飲料)や、スーパーで買える地元アメリカのビールを飲んでいました。ちょうど住んでいたところがBrooklyn Breweryのお膝元だったこともあり、近くのお店で簡単に手に入り大変に美味く頂いていました。

Brooklyn Breweryは、ロゴをプッシュピンスタジオのミルトン・グレーザーがデザインしていたこともあって、興味を持っていました。その頃はまだクラフトビールも今ほど盛り上がっていなかったのですが、作り手が書いた洋書をわからないなりに辞書を引きつつ読んだりしていました。

お金もたいしてない私は、ひたすら様々なビールをスーパーやデリで買っては飲んでいました。ニューヨークのスーパーやデリでは幸いなことにたくさんの種類のビールが揃っていて、その日のビールを選ぶことが私のささやかな楽しみでした。スピークイージースタイルのバーもまだそんなになく、ニューヨークのバーで飲む楽しさを知るのはもうすこし大人になってからのことでした。

深酒のたしなみ

25歳の夏に日本での就職が決まりニューヨークから帰国しました。その頃四谷にあった会社の帰りに終電を気にせずに呑みに行けるようにと、神楽坂に住みはじめました。神楽坂は酒呑みには本当にありがたい街で、終電から呑みはじめるにはいくつもお店があり便利が良く、結果たくさんの散財を果たしました。就職して少しお金を持ちはじめると、少しずつお店にもお酒にも詳しくなって、それは、血となり肉となり僕の体に25kgの体重として蓄積されていきました。

一番通ったバー、一夢庵さんは、青い光のサインだけが出ていて、看板らしい看板もなかった隠れ家のようなお店でした。メニューもなく、色々と提案していただく中からお酒を選ぶスタイルで、いつも新しい何かを教えてもらっていました。朝7時までやっていたこともあって、2、3時から空が白む頃まで飲んでいた記憶が懐かしいですね。お世話になったバーテンダーの斉藤さんはいまは独立されて、お堀を挟んだ飯田橋で、 葉巻にカクテル、モルトやブランデーなどの揃った銀杏堂というバーをされています。

さてさて、話は景山の次の回に続きます。

BREWing Design、次のポストは、8月12日(金)です。お楽しみに。

BREWでは、UXから実際のプロダクトまで、ビジネス、テクノロジーサイドとお肉とお酒でディスカッションし(呑みな)ながらデザインを進めることができます。

👇こんなBREW のクルーと話してみたい方はこちらから
http://brew-inc.jp/contact.html

景山です。
さて、今回は、「寝言でもデザインとビジネスとテクノロジー」をちょっとお休みして、BREWな話題に入りましょう。

「お酒」のお話です。題して「お酒をめぐる旅」。景山が代表をやっている会社はBREWっていうんですが、酒とスタートアップとデザインの会社です。プロフィールでは、「今までの人生での酒が占める割合から、酒とデザインの会社とする。」となっています。そして自分の生い立ちをよくよく考えると、割と早いうちから、その素養を培ってきたのかなとおもいます。

西条という街

私の生まれは、広島県東広島市「西条」、一時期は灘、伏見とならぶ日本3大酒都にも数えられた西の酒どころです。東京以北の方は、日本酒というと東北のイメージが強くて、あまり日本酒のイメージがないかもしれませんが、一応、国税庁の酒類総合研究所も「西条」にあります(住所は鏡山ですが、ディズニーランドみたいなものだとおもってください。)。

通った「西条」小学校では、6年生の時に全員で、「白壁の街」という酒造りのオペラを、学校行事としてやります。12歳の時点で、杜氏と蔵人の日常を歌にしたオペラを演じます。「♪妻子残して 故郷離れ 働く蔵人…」というような歌詞です。私は、特に歌も上手くなく、踊り子1的な存在でしたが、その体験はかなり強く残っています。「西条」では街をあげて、10月には「酒祭り」というお祭りをしていますが、歩いていける造り酒屋が10軒ちかくも軒を連ねる場所はなかなかないのではないでしょうか?

社会科見学も同級生の酒蔵、亀齢酒造さんに行きました。当日の朝ごはんは、菌がバッティングするので、納豆禁止と教えられました。私の実家の家業も、数年前にやめてしまいましたが、氷屋でした。造り酒屋さんには、特別な仕込みをされる際に、沢山お買い上げいただきました。そんな環境の中にいると、自分の育った環境を説明するのに、お酒の文脈を借りることも多く、なんだかアイデンティティの一部のような気がしてお酒の話をするのが自然と好きだった気がします。

だんだんと大人になるにつれ、いろんな飲み方があるんだなーとおもっていましたが、やっぱり、量を競うよりも、ある程度の量で、造りのいいものを飲むのが好きでした。

さてさて、話は景山の次の回に続きます。

BREWing Design、次のポストは、7月29日(金)です。お楽しみに。

BREWでは、UXから実際のプロダクトまで、ビジネス、テクノロジーサイドとお肉とお酒でディスカッションし(呑みな)ながらデザインを進めることができます。

👇こんなBREW のクルーと話してみたい方はこちらから
http://brew-inc.jp/contact.html

デザイナーとビジネスオーナーとプログラマーの共創っぽい画像

景山です。さて、前回はデザインとビジネスとテクノロジーの3領域の融合と、その中でのデザインの未来に関して触れるポストになっておりました。うちのワイフは最後まで読めなかったので、「もっと面白い記事を」と言っていたのですが、構わずもう少し具体的な話をしてみようと思います。(ちなみに、彼女が最後まで読んだ記事はこちらでした。)

さて今回は、チームの話をしつつデザインとビジネスとテクノロジーの話を進めていきましょう。

イノベーティブなチーム

デザインとビジネスとテクノロジーの具体的な話をするとして、これらを実行するのは?そうですね。人ですね。ですので、ここも具体化させてみましょう。デザイナーとビジネスオーナーとエンジニアです。(あれ、普通ですね…)ここではそれぞれのイノベーティブなチームでの役割分担を考えてみましょう。

デザイナー

真っ先にプロジェクトのあるべき姿を見通し提示します。製品の魅力的な外観や体験を提示していく役割を担当しています。

アウトプット:外観の印象、UXドキュメント、インターフェース

ビジネスオーナー

大きなビジョンを提示しつつ、ビジネスモデルを作り、ユーザーのニーズと製品への投資のバランスをとります。デザイナーとエンジニアの力を巻き込みつつ世の中に製品を生み出してそのビジョンを実現し、広めていく役割を担当しています。

アウトプット:ビジョン、ビジネスモデル、顧客、チーム

プログラマー

深い思考を持って、アイデアや機能がこの世界で実現する方法を考え出していきます。構造を理解し、そのプロジェクトを効率的に実現する役割を担当しています。

アウトプット:製品やサービスの構造、システム

です。

この3者の役割がプロジェクトを推し進めていきます。

ここまでの関係性は、まあ、もう5、6年くらい言われている話だとは思います。しかしこの関係性は、未来もこのままでしょうか?

新しいデザイナーの領域

この関係性の変化は、 前回のポストでも触れている部分ですが、3者の役割が変化している部分です。特に”Computational Design”と、”Design in Business”とに関しては、その変化を反映した結果として生まれたデザイン領域だと考えられます。

”Computational Design”の領域

主にスケールすることに関して知見を持ったデザインの領域と考えられます。今までのデザイン領域に比べると、対象となるアクティブユーザーの母数が非常に多く、また製品に反映される時間も非常に短期間になっています。そして、デザインに対しての判断は、デザイナーだけの定性的な価値観での判断もさることながら、解析やデータ、ユーザーリサーチもベースにしながら、デザインの精度を上げていく必要が生じています。製品の成功を導く答えはは、常にユーザーが持っているということを意識する必要があります。この領域のデザインを効率良く行なうためにプロトタイピングという技術が発展してきているのだと私は考えています。

そういう意味では、例えばよく聞く「デザイナーはコーディングできるべきか」という問題に関して考えると、コーディングに対する理解が充分にないと、この領域では徒手空拳に終わったり、スケールしないよね。という結論になるかと思います。さらに、今後のAIのデザイン活用などという領域も、この領域には控えているなと感じています。

”Design in Business”の領域

ビジネスのエコシステムやビジネスモデルを理解したデザインの領域と考えられます。そう書くと割と普通に聞こえますが、もっと強めていうと、現状、決して大きくは存在しないマイノリティのマーケットを中心に据えつつ、広がりをも持つ大きなマーケットへ、アプローチできるような製品にしていくことも引き起こすようなことを考えるデザインの領域と考えています。

そういう意味では、「デザイナーはビジネスを理解するべきか」という議論は、比較的新しい議論ですが、理解というよりは、ビジネスをスケールさせたり、ビジネスの将来像を描く必要があると思っています。

このような2つの新しいデザインの領域を担う人材は、その存在でプロジェクトをスケールさせたり、プロジェクトにインパクトを与えることができる存在です。

だから、ビジネスオーナーはデザインに投資し、エンジニアはアウトプットを機能する形に落とすことを信頼してくれるのです。

イノベーションを起こすチームのデザイナー

もし、あなたがイノベーティブなチームの一員だとして、みなさんのチームのどんなメンバーでしょうか?そのバランスはどうでしょうか?もしあなたがデザイナーだとした時に、どんな広がりを持っていくと新しい世界が開けるのか。

ぜひ考えてみることをお勧めします。

私?私ですか?どれもぼちぼちです。ええ。

BREWing Design、次のポストは、7月15日(金)です。お楽しみに。

BREWでは、UXから実際のプロダクトまで、ビジネス、テクノロジーサイドとお肉とお酒でディスカッションし(呑みな)ながらデザインを進めることができます。

👇こんなBREW のクルーと話してみたい方はこちらから

http://brew-inc.jp/contact.html

デザインとビジネスとテクノロジーの融合っぽい画像

こんにちは。寝言で「デザインとは〜」と語っていて、ワイフにうるさいと怒られたことがある景山です。日々、デザインのことばかり考えていると、こうなってしまうのでしょうか。ちなみに、デザインのことを考えていない時は、ご飯とお酒のことを考えています。(家族(特に娘)は別枠なので不問に処してください。)

ということで、景山のテーマの1つ目は、「デザインとビジ …

いやー。いつでもビールが美味しい季節ですね。 Beer Forever!!!!

[English follows Japanese]

「ケミストリー(化学変化)」

この言葉は、私がBREWの名前の由来を説明するときに、よく口にする言葉です。

・みなさんのビジネスやプロジェクトなどの素晴らしいアイデア

・私たちの使うデザインの力

この二つが起こす「ケミストリー」を「醸成(BREW)」する場として、BREW(ブリュー)と名付けました。私のお …

BREWで一時的に短期間のインターンを受け入れることになりました。

このポストは、「急ですが、東京の会社でインターンします」への返信ポストです。

ということで、明日からBREWにインターンが来ることになった。

確かにBREWは、インターンを募集している。(現在も募集中です!)しかし明日からインターンをはじめる五十嵐さんは、いわゆるインターンとは、いくつもの型破りな条件のもと、応募してきた。

まず彼は、代表の僕よりも年上だ。(普通、インターンは若く経験の少ない人が多いはずだ。)

だから、色々と経験も豊富だ。(普通、インターンは経験が足らない。だからインターンとして社会経験を積みに来るはずだ。)

なんと彼は、bollardという自分のお店も持っている。(普通、インターンはお店は持っていない…。)

そんな彼のインターンへの応募は、実にフランクに、しかしかなりの熱量をもってFacebookメッセージでやってきた。

正直、「なにか勘違いしてるんじゃないかな」と数秒ほど思った。頭に「?」を浮かべながら熱っぽいメッセージを読む。少し経つと、思いがけない不思議な申し出に自然と笑いがこみ上げてきた。きっとこれは、面白くなるに違いないと思える話だった。

そう思ったからには、その2日が面白くなるようになるかを考えるだけだ。

BREWは小さな会社だ。その上、まだはじまって、日が浅い。ちょうど、化学変化の真っ只中にある。こんな大きな刺激は願ってもいない。

お客様とのお仕事には、最大限のまっとうな対応をさせていただきつつ、一方で、自分たちがやりたいことや面白くなりそうなことには、普通では受け入れられない話でも、楽しみながら受け入れていこうと考えている。会社の規模としても効率性のみを求めないですむところもある。

彼は彼で、BREW で何かを習得できることがあるかもしれないが、こっちとしても思いがけないスーパーインターンの登場を楽しませていただこうと思う。

多くの刺激を貰うことを楽しみにしつつ。今日はそろそろ店じまいをしようかと思う。

考えを放流する場所

前にブログを書いていたのはどれくらい前のことだろう。フリーランスになったときには、まだ続けていたから、4年くらいだろうか。多分、ちょっと探せば、最後の話とかもみつかるのだとおもうのだけど、ここでは探さずに新しくはじめることにだけ、注力することにする。

しばらく前から、たまに自分の思いを外に出してみたいなとおもうことが少しずつ増えてきた。

現状に不満があると言うよりは、こういうことを考えたのだけどみんなはどういう風に受け取るのだろうか。とか同じようなコトを考えている人はいないだろうか。という、どちらかというと宛てのないそしてとりとめのない文章。そういったモノを書いてみたいと思うようになった。Writing, Visualing and Sharing what I’m thinking now. そんな感じかな。

はじめるに当たって少し悶々となったことが、自分の中で2つ合った。

1つ目は、どのサービス、もしくはどのツールで書いていくか。

2つ目は、どの様な内容にするか。

1つ目に関しては、wordpress、tumblr、はてな、note、などなど色々と選択肢は頭に浮かんだのだけど、どれくらい続くかわからないし、なるべく早くはじめられるものをえらんだ。あとは英語で書けば海外へも届けることが簡単そうだなとおもったのもMediumをえらんだ理由だ。

ここまで書いてみて気がつくのは、Mediumのインターフェースは、writing系のアプリに近くて書くことに集中でき良いということ。他のこと(サイトやブログとしての機能などの実験的なこと)は、別で試せばよいという考えにすることに。他のひとはどうやって選んでいるのだろう? 是非知りたいなとおもう。wordpress、tumblrで色々カスタムすることも魅力的だったのだけど、まずは、重い腰をあげるところからはじめることにした。(そうしないとまたすぐに半年とかたってしまうのだ。)

2つ目に関しては、今会社のウェブを絶賛準備中ということもあって、いわゆる「恵比寿で働いてるお酒とデザイン会社の代表」的なブログみたいな雰囲気がよいのか、はたまた、非常にポエティックなしっとりとした内容がいいのか。(以前はそんなかんじだったかな。懐かしい)いろいろと頭の中をひっくり返してみた。

思い起こせば、インターネット上で、自分の日記を書くことは、それこそ18で大学に入ったときに初めてやってみたのだけど、その日記のおかげで、友達も出来たし、そのときの彼女も出来た。変な写真(のど飴の中のアルミパッケージの反射)を30万画素くらいのデジカメで撮って悦に入っていたなあ。graphic converterとかつかってたっけな。まだphotoshopとかillustrator とか知らなかったころ。10年以上も前だなあ……。

今更、自分の詳細な日記を世の中にさらすのも少し恥ずかしいので、そして、あまりにも閉じているなともおもうので、もう日記はいいかな。

ということで、ここではまだ形にはなっていないけども、おぼろげながら心に浮かんできたモノを文章でスケッチするようなそんな感覚で文章を書いて行けたらいいなとおもう。そして、その文章で、僕のことを少し知ってもらえたらと。今日、BREW社内でMateusがpresentationした、”BREW meet-up”なるself presentationにinspireされたこともあるかな。なんとなくつながっている気がする。

まずは、続けていくこと。

ということで、また、書きます。

景山が代表のBREWでは、Project Manager、Designer、そしてそのポジションのインターンシップも募集しています。

詳しくは、Facebook pageにて

Yasutaka Kageyama

Recently joined Bizreach / Kindred / BREW / Keep things brief & to the point / Designing Traveling Eater & Drinker / from Hiroshima Now TYO /

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store