新宿駅で丸の内線に乗れた

2016/06/06のHappy

先週、新宿駅から丸の内線に乗る用事があった。よくよく考えると初めてのことだった。

もちろん丸の内線に乗ったことはあるが、東京駅から乗ったり銀座から乗ったりしていて、新宿駅からは初めてだったのだ。

新宿駅で丸の内線を探して迷った。案内表示に丸の内線が出ていない。そんなことがあっていいのだろうか。

例えば以下の2枚の画像は左右につながって表示されているものを1枚の画像に入らなかったので分けて撮ったものだ。

丸の内線がない。「もしかして丸の内線は新宿駅を走ってないのか?」とまで思った。

あちこちの表示を見てようやく丸の内線を見つけ、その矢印に従った。

歩いているうちにまた丸の内線の表示がなくなった。

今回に限らず以前からもっていた不満だが、目的地までの距離が長いと「路線案内」が出ていても全ての箇所には出さず、一つおきで出したりすることがある。

それをやられると「通りすぎたか?」と焦ってもどる。でも通り過ぎているのではなく、そこの「路線案内」には出していなくて、次にまた出ているのだ。

ややこしい。わかりづらい。

そして先週の迷ったとき、わたしは新宿駅で丸の内線に乗ったつもりが、目の前を見たら「つぎが新宿駅」となっていた。

待ちあわせをしていた友人たちに「すみません!新宿駅にいたつもりが一駅歩いてしまいました!!」とメッセージにつけた写真がこれだ。

先週が人生初めての新宿駅からの丸の内線だったのに、さっそく今日2度目がきた。今日のロケ現場が東高円寺だったのだ。

慎重に慎重に表示を見て、今日は新宿駅から乗れた。間違えなく乗れてHappyだった。

今日はHappyを綴ったふりして不満を投稿している。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.