豚が近づいてきた

2016/06/05のHappy

先週ネタフルのコグレさんに、いま話題の店名非公開の店にて連れて行ってもらった。

カウンター約10席のみ、5000円でコース料理と日本酒や焼酎まで飲み放題のお店だ。

マスターが作るお料理はどれも本当に美味しいものだった。詳しいレポートはブログを見てほしい。

豚肉好きの私には、とくに自家製チャーシューがたまらなかった。好き過ぎて、私の豚肉レベルはかなり高くなっていると思うが、それでも絶品のチャーシューだった。

溢れる肉汁を前にはやる気持ちを抑え、何枚も写真を撮ってしまったほど輝き、この世のものとは思えない美しさのチャーシューだった。


美味しいものを食べたら自分でも作りたくなる。この味を忘れないうちにと翌日から連日でチャレンジしている。毎日、豚の塊肉と格闘している。

今日ようやく味が近づいてきた。あと一回作ればいい感じのものが出来あがるかもしれない。あくまで「近づく」であって、同じ味は不可能だ。

「Happyは完成してからだろうが」と思われるかもしれないが、料理はそこまでの過程がおもしろいのだ。いまが楽しいのだ。

ちなみにTOP画像のチャーシューは私のではない。その店名非公開のお店でいただいたものだ。

Like what you read? Give yanojapan a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.