ウェブデザイナーがデザインよりも学んで置くべきたった1つのこと。

これまで、色んなデザイナーが作ったウェブサイトのデザインをコーディングしてきましたが、これができるかどうかでウェブデザイナーのスキルが大きく変わるなというたいうものがあります。

それが、コーディングに対して正しい理解をしているということです。ウェブデザイナーは、カッコいいデザインを作れるだけでは意味ないんです。コーディングスキルも必須のスキルなんです。

別に、爆速でコーディングできる必要はないのですし、めちゃくちゃ綺麗にHTML・CSS・JSをかけたりする必要もないです。

ただ、それがどのようなプロセスのコードを経て、そのデザインがウェブ上で完成していくかを知っておく必要があります。

ウェブデザイナーがコーディングスキルも必須な理由

・コーディングスキルがないとエンジニアの工数を見積もれない

・エンジニアと意思疎通ができない

・実質不可能なデザインを作成したり、工数がかかりすぎるものを作ってしまうかもしれない

・ダサいデザインってたいていHTMLでも組みにくい

かっこいいデザインで組みにくいこともあるのは、よしこのデザインのためなら頑張ろうと思えるのですが、ダサいデザインでかつ組みにくいとこのデザイナー誰だよ、こんなデザインに無駄に工数かけさせんなよ、死ねよと思うこともありますw

とまあ、それはいいのですが、コーディングのスキル、どのようなプロセスを経て、そのデザインが完成していくかということを大体でも知って置かなければ、どのくらいの工数がかかってそのウェブができるのかがわかりません。

いいウェブデザイナーが作るデザインの場合、フロントエンジニア作る工数を計算して作っており、デザインの質も当然高いので、かなり作りやすいです。

自分の体感上は、これができてるできてないと感じるデザイナーでは、LP一枚の場合は半分くらいの時間が短縮されているように感じます。

また、エンジニアがコーディングにかける時間が少なくなるのはもちろんですが、ストレスもだいぶ軽減されますw

デザインに一貫性がないから組みにくいデザインになる?

これは、デザイナーではなく正しくデザインを評価できているわけではにので、なんとも言えないことなのですが。

ダサいデザインってたいていHTMLでも組みにくいってのは、半分は文句なのですが結構大事なことでもあると思っていて。

たぶん、なんでイマイチかというと、単純にデザインがちゃんと整っていないんですよね。たぶん、デザインを作成しているときはぱっとわからなくても、コーディングをしているとなんで、ここで横幅変わってるんだろう?とかすごく気になります。

おそらく、コーディングスキルをある程度身につけて、ある程度頭のなかにどのようなコードでデザインが出来上がっていくのかを考えながら作成することができると、一貫性のあるデザインって作りやすいのかなと思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.