PDCAを高速に回す前に

PDCAを高速に回すのは全く悪いことではない。
 組織が動き出したら、市場への対応をより早くせねばならない。
 とくに刻々と変化する今の時代。

しかし、一番大切なのは、最初の「P」のプラン。
 この前にきちんと「O」のObserveの観察があるかどうか。
 そして、そのOがきちんとPにつながっているか。
 そしてDCAサイクルが回るように出来ているか。
 組織が固まっていないか。

これはすべて「O」によって決まる。

ここでソフトバンクの孫さんのことが書かれているが、これはタフガイ(タフレディ)しか出来ないだろう。
 要するにリゲインを飲んでいれば24時間働けます!(昭和だわ)。
 冗談は抜きにして、人間と言うのは簡単に壊れる。
 そして壊れたら修復に時間が必要。
 壊れる前のメンテがとっても大切である、

PDCAで大切なのは、地域によってPDCAの動きが変わる。
 つまり、所変われば品変わると言うことだ。
 あるプランAが上手く行っているからと言っても、同じプランAが違う拠点で上手くいくかとは限らない。
 これを念頭に置くことが大切である。
 企画をする段階で、地域ごとの差(経済、物流、人口、思想、風習)があることを観察して決める必要がある。
 これをせずに、最初から全社同じPDCAで回そうと言うのはナンセンスである。
 自分へのPDCAなら問題ないが、違う土俵の人たちに同じPDCAを用いることはしてはならない。
 そもそも動く速度が違うからである。

きちんと「OBSERVE」して欲しいが、あまり観察に時間を掛けてもならない。
 観察し、目標と市場動向をきちんと把握することだけでスタートし、PDCAを回すことを忘れずに。

つまりマーケットイン思考を広げる必要がある。
 しかし、コア技術であるプロダクトアウトを否定しているのではない。
 そのためにチェック機構があり、軌道修正を行う。
 クドいようだが、人々が何を望んでいるか観察の「O」が必要である。

まずは客を知れ!


Originally published at YEY News Site.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.