04/16/2017, 1

今日ニューヨークで小売が最も追い求めている不動産はソーホーではなくブルックリンのレッド・フック。即日発送のためにEコマースが倉庫の一部を借りることに躍起になっている。ニューヨークのショッピングの変化は米国の小売産業の再構築の反映。Eコマースの成長は最近加速していて小売の店頭に立つ者の間で失業者が増えている。2008年後にも多くの店舗が閉鎖したが、現在は消費意欲が強く失業率が低いなかでの閉鎖。永続的な再構築の可能性がある。実店舗とオンラインが共存できるという考えを捨てていない投資家もいるが、実店舗で働く人は店舗で顧客を助けても結局オンラインで買う、その結果実店舗で働く人にはコミッションが入ってこない。エコノミストの中には小売は回復期を牽引し、経済が強くなるとより良い仕事へと離れていくもの、小売から従業員が離れているのは市場が機能していることを示していると考える人もいる。倉庫の流通センターは小売の雇用減を補うほどの人を雇用しない。全体的な合理化が進むなかで人はどいうやって生き残っていけるのか。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated FAFSP’s story.