04/16/2017, 2

マンハッタンの空き店舗のマップ。14丁目の通りはおよそ1/3の店頭が空室の状態。「Vacant New York」はどこが空いていることを示しその問題を伝えるサイト。その筋に詳しい個人が誰か運営しているのでしょう。空室問題の好例はソーホー。市内で最も高価なショッピング街のひとつに空きが多い。初めてマップをつくったときにバグかと思ったほど。ハイエンドのブランドがやっていけないとしたら他にどんなビジネスがここを借りることができるのか。空室が多くても家賃を下げることはできない。大きなポートフォリオを抱えるビジネスはそのポートフォリオに影響を与えずに価格を下げることはできないため。市場は働いていない。

A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.