05/17/2017, 1

宇宙から見たシリア。NASAによるアレッポ、ダマスカス、ラッカの3年の画像を2012年から2016年まで時間の経過を追ってみるもの。発電所が攻撃されているため時間の経過とともにどんどん街から灯が消えていくのがわかります。冷蔵庫が使えないため買ったものはすぐ食べる。毎日その日暮らし。シリアはかつて東地中海の主要電力供給者だった。国内に15の発電所があるが50億ドル相当のインフラが破壊された。その結果発電機や自動車のバッテリー、LEDライトが売れている。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.