11/24/2017, 1

Brexitが決まった後、多くのEU国籍の人が英国を去り、英国へやってくる人の数は減速した。英国の国民保険サービス (NHS) では慢性のスタッフ不足が続いていて、4万人分の看護師の空きがある。これまでEUからの人がその不足分を埋めていたが、今後は不確実。欧州のバンカー、建設者、バリスタに長年支えられてきたロンドンでは、英国を離れる人たちが痛みを与え始めている。建設会社たコーヒーショップは人を雇うのに苦心していて、上位の大学は才能を引き止めることができるか心配している。NHSほどその懸念が深刻なところはない。特にロンドンでは看護師を大陸からの人が14%依存していて全国の倍の水準。Brexitの国民投票後の1年で1万人がNHSを辞め、英国でのプラクティスに登録するEUからの人の数は90%近く落ち込んだ。英国内には十分な数の医師や看護師がいない。トレーニングされている人たちだけではニーズをカバーできない。Brexitは引き金になった。「必死になって働いて、それでも4年間賃上げはなかった。今度は移民はいらないと言ってきた。なぜここでまだこんなことをしているのか?」

Like what you read? Give FAFSP a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.