もう、本当に腹が立つ。

2016/08/06 メル友4日目

I.H.さんへ

ご返事ありがとうございます。疲れているときは無理しないでください。覚えてますか?下記の条件でメル友を募集し、I.H.さんが応募してくれました。

メル友のルール

1.匿名とし、ペンネームを使用します。

2.個人情報に関しての質問は禁止します。(性別、年齢、職業、住所、障害名、病名などを含む個人情報)

3.互いに相手を尊重しあって、傷つけるような発言はしないで下さい。

4.ネット上だけのお付き合いです。

5.うつ病、双極性障害、統合失調症、パニック障害、社交不安障害、全般性不安障害、特定恐怖症、心的外傷後ストレス障害、摂食障害、依存症、不眠症、疼痛性障害、自律神経失調症、引きこもりの方に限定します。

そのときI.H.さんから2つの条件が出されました。忘れてませんよ。だから返信ができなくてもまったく気にしないでください。それと受け答えは、全く問題ありませんよ。むしろとてもすばらしいです。

「手紙を読んでいてとても面白い」と言ってもらって、本当にモチベーションが上がります。今日はどんな出来事をI.H.さんに伝えようかと、毎日楽しくてしかたがありません。ありがとうございます。

私からの手紙は、mediumで公開していますが、この手紙の読者は、I.H.さんからの返答は読めませんので、返答を想像しながら読むことになります。ルールを守ってメールでやり取りするだけで、現実の世界だけでなく、ネット上の繋がりでも、寄り添っていけることをたくさんの人に知ってもらって、役にたててもらいたいです。(特に上記メル友のルールの5.の対象者の方)

現在、私からの手紙は、I.H.さん以外に、2名の方に読まれています(mediumの機能で人数がわかる)。ファンになってくれる人が増えるとうれしい限りです。

I.H.さん、これからもよろしくお願いします。

さて、I.H.さん、今日はちょっといいことがありました。

ふとしたことで、見知らぬおばあちゃんと、車の往来を眺めながら話をしました。私が席をゆずってあげると、おばあちゃんが話しかけてきて、

「この間転んで、医者にいったら、『骨は大丈夫でしょう』とのことで塗り薬をもらったんだけど、痛くてしかたがないので、他の医者に行ったら、レントゲンをたくさん撮られて、『骨が折れてる』って言われた。折れて曲がったままくっついてしまった!」

おばあちゃんは、茶色の杖をついていて、白色のサポーターでぐるぐる巻きになった足を見せてくれました。たしかに少し曲がっているようです。

「片方の足が悪くなると、それをかばおうとして、他の部分が痛くなるでしょう」

と言うと、これぞとばかりに、

「そうなのよ。今度は腰が痛くなってどうしようもないのよ」

と話しました。さらにおばあちゃんは、

「おじいちゃんは車椅子なんで、一緒に歯科医に行ってあげたのよ。その時、転んで足を怪我したのに、おじいちゃんったら、入れ歯をいれなかったのよ!もう、本当に腹が立つ。私が怪我までしたのに、入れないのよ!」

笑っちゃいけない場面なので、ぐっとこらえて、「そうだよね。歯は大切ですよね」と話をつなげました。こんなのどかな会話は、何年ぶりだろうか。隙間時間でのやりとりなんですが、なんだか癒されました。

「プールでウオーキングをすると浮力があるので、足がわるくても運動できますよ」

と言うと、

「そりゃ、いいことを教えてもらった。ありがとう」

と礼を言われました。なんだか、これだけの会話なのですが、今日一日がとてもいい日になりました。

ところで、一年以上付き合っている心療内科の先生は、できるだけ外に出なさい。散歩をしなさい。以前やっていた彫刻はしてますか?なんて聞いてきます。もう何度も繰り返して言われています。なぜだか前は彫刻が好きだったんです。笑えますよね。

そんなこんなで、明日は、先生の言い付け?を守って、カウンセリングの講義を聞きに行きます。講義される先生は、何百人ものカウンセリングの経験がある方で、何度か講義を聞きましたが、とても興味深い話をされます。明日が楽しみです。

最後に、

私は、I.H.さんへの手紙を書くことに恋しているようです。10日坊主にならないことを祈っております。

よろこぶやカンナ

Show your support

Clapping shows how much you appreciated kanna よろこぶや’s story.