一生のお願いをしてくる人。

I.H.さんへの手紙 20160821

I.H.さんへ

勉強はかどっていますか。私は、相変わらず脱線してしまいます。

さて、I.H.さんから友達の話があったので、自分でも考えていました。小さいころはよく遊んだ子がいました。その子が友達だったのか?友達ってどんな人だろうか?と疑問に思い始めた。

エィッとググってみました。

互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。

なるほど、です。でも友達にもいろいろな友達がありますよね。

面白い投稿を見つけました。
2013年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう」キャンペーンで「友達」の投稿から選ばれた優秀作品です。いろんな人が「友達」を説明しています。

◆無理して話さなくても沈黙が苦しくならない人。本当の自分をさらけだし、会話・相談ができる心のよりどころ。
恋人のような感じでしょうか?納得できました。

◆一緒にいて楽しいのが普通の友達。一緒にいると高めあえるのが良い友達。一緒にいると足の引っ張り合うのが悪い友達。
一緒にいて高めあるというのは、結構難しそうに思えますが、どうでしょうか?

◆何年かぶりかに会っても、昨日も会ってても、その距離が変わらない存在。
幼友達を思い出します。

◆自分の過ちをそっと指摘してくれる人。辛い時は傍でささえ、喜びはともに分かち合える人。
私には、そんな友達がいません。悲しいかぎりです。

◆孤独から救ってくれる人。
私は一人が好きですが、孤独が嫌いです。孤独から救ってくれる人が、すべて友達なのでしょうか?

◆大人になってもあだ名で呼び合える関係。
これも幼友達だったら、そうですね。

◆100人作ろうと意気込むものの、10人いれば幸せな人生が送れると気づく、かけがえのないもの。
うーーーn 生きがいがあれば、友達がいなくても幸せな人生だと感じる人もいるのではないだろうか?(寂しい反論をする私でした)

◆「元カレ」にも「ちょっと親しい知り合い程度の人」にも使える曖昧で都合のいい言葉。
ニヤッとしてしまいます。

◆一般的には、大事なものだが、好きな女性には言われたくない一言。「あなたとはこれからも・・でいましょうね」
笑えます。

◆遊びに行ったとき、「あいつもくればよかったのにな」と思い出す人。
これはありですかねー

◆「親が知らない自分」を知っている人。
これは違うかな。カウンセラーが知っているよ。

◆自分の人生を映画にしたとき、エンドロールで極めて最初の方に名前が出てくる人たち。
これも違うと思います。主役や脇役が友達とはかぎりません。

◆お金も肩も貸してくれる人。
そりゃないな。

◆思い込みの可能性があり。確認の取り方もよくわからない
そうかもね。

◆一生のお願いをしてくる人。
笑えますねー。

◆夫より大事な人
うーーーn?

◆恋人は体を裸にするが、友達は心を裸にする存在。
心を裸にされるとは、すこし怖いですね。

◆最近では、「申請」して「承認」されなければならない関係。
泣けてきます。

I.H.さんはこの投稿を読んでいかがでした。I.H.さんの友達は、
上記の投稿とはくらべものにならないほどの深い関係で決して裏切らない大切な人ですよね。うらやましいです。

友達の投稿を読んでイメージを膨らませただけで、何故だか心が暖かくなりました。

K.Y.より

PS:ウサギは点滴をして抗生物質と整腸剤をのませています。元気になりました。挿絵は黄色を重ねてみました。なんかだんだん汚くなっていくような?

Show your support

Clapping shows how much you appreciated kanna よろこぶや’s story.