垣根を作って何が悪い!

K.Mさんへの手紙 20160822

K.M.さんへ

今日は台風で、雨、風がすごいです。K.M.さんのところはいかがですか?

こんな日は、憂うつになります。気分がすこしトゲトゲしくなっているのが、わかります。

本を読んでいても、思わず反論してくなります。

自分だけの世界に生きる 。小さく飼いならされた 目に見えない垣根を自分から作っている。

言わんとすることは、自分から垣根をつくっちゃいけませんよ。垣根をはずす努力をして、いくらか周りの人との風通しをよくしないといけません。そうしないとこじんまりと固まって小さな人間になってしまう。というものらしいです。

垣根を作って何が悪い!

馬鹿な事を言うんじゃない。垣根をつくって、深く深く考えた人のほうが、よっぽど大きな人間になれる。

なんて、自然と思ってしまいます。

気持ちがすさんでいるのでしょうか。無意識に悪いほうにとらえてしまいます。

さて、好きな言葉もあります。

言葉には色がある。言葉には重みがある。言葉には温(ぬく)みがある。

話すことは 言葉の鎖で 絵を描いて 見せることだ。

私も、すばらしい言葉を編み出せるようになりたいです。

K.Y. より

PS:挿絵には青色入れてみました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.