リセット — 足がやけに冷える

気分が最低になってもうどうしようも無くなったところで、無理やり散歩へ出かけた。まずは神社にお参り。何についてお祈りしようかという話になり、妻は自分の健康をお願いしてくれるという。初詣の時は自分も自身の健康について考えていたが、ふと自分も他人のために祈ろうかと思い直して、出産を間近に控えた友人の奥さんや自分の姉の安産を祈願しておくことにした。

林を抜ける。木々を眺める。ざわざわと、風が木立に積もった雪を落としていく。散った粉雪が顔にかかり、水滴に変わる。その冷たさを感じていたら、無限ループのドロドロとした気持ちはいつのまにかどこかへ流れていってしまった。

2月17日。まだ寒い。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.