『創造する未来』読者インタビュー #02

皆さんはファッションビジネスの具体的な未来について描かれた『創造する未来』を読んだことはあるだろうか?

ファッションビジネスの第1人者である尾原蓉子氏が4年を超える歳月をかけて執筆した455ページに及ぶビジネス書(2016年9月刊行)であるのだが、本書にはTO NINE Inc.が実現したい未来が描かれていた。

コネクションも何もない著者の尾原蓉子氏に直談判して、トークイベン『ファッションビジネスの大潮流』を開催することになりました。

イベントは尾原氏による基調トークの他、『創造する未来』の8人の読者を招いたトークディスカッションも用意しています。

イベント告知も兼ねて、トークディスカッションに登壇する8人のパネリストの『創造する未来』読者インタビューをお届けします。


創造する未来 読者インタビュー #02(全08編)
株式会社spicelife 代表取締役社長
吉川 保男

— あなたが手掛けているファッションビジネスについて教えてください

ネットで自分の好きなオリジナルプリントTシャツ(バッグ、スマホケース)を簡単に作り1枚から安価に購入できるビジネスです。

オリジナルTシャツを1枚からウェブで簡単に作り購入できるTMIX
仕入れなくTシャツを販売できるSTEERS

ー「創造する未来」を読んだきっかけを教えてください

フェイスブックで知り合いが薦めていたから

ー「創造する未来」の中で気になった一節を教えてください

① 「アパレル製品を売るビジネス」から脱皮して「個人のライフ(生活・人生)づくりを支援するビジネス」へと移り変わる時の一節

P.50:キーワードは、ライフスタイル、エクスペリエンス、個人の成長、コミュニティ、個人のライフスタイル支援、自分物語の著者
個人のライフ(生活・人生)づくりを支援するビジネスの事例:ヨガウェアブランド「lululemon athletica

② ファッションビジネスの新たな価値創造として自分流にデザインやサイズをカスタムメードできる価値を表現した一節

P.139:ファッションの個人化
カスタマイズデニム ブランド 3×1
オーダーメイドシューズブランド Shoes of Prey

ーそのフレーズを選んだ理由を教えてください

① P.50:弊社ではオリジナルTシャツを1枚から作れるサービスを運営しているが、ユーザはオリジナルTシャツをデザインしたいわけではなく、オリジナルTシャツを通してライフスタイルを豊かにしたりコミュニティでの一体感などを得たいと思っている。まさにそうだと感じた。

② P.139:カスタムメイドを楽しむことが増えていると感じること、多様化している中でマス向けの商品開発とは違うスモールコミュニティ向けの刺さる商品開発がまさに必要になってきていると感じていたため。

ーあなたが感じているファッションビジネスへの危機感はどんなことですか?

ファッションビジネスに限ったことではないが、「どんなターゲットのどういう課題をどうやって解決するのか?」をきちんと考える必要があると思う。ファッションが好きだけでなく、きちんとビジネスとして考えるというか。

ーあなたが尾原さんに聞いてみたい一番の質問はなんですか?

2020年くらいまでの越境ECの可能性についてどう考えていらっしゃるのかお聞きしたいです。私はCtoCサービスを運営しており長期的には海外展開なども視野に入れている。USと東アジア向け越境ECに興味あるが、現状は送料の高さや物流網の整備に課題が多いと感じています。

END [創造する未来 読者インタビュー #02]


[イベント紹介]

4月21日開催 ファッションビジネスの大潮流
https://www.facebook.com/events/1846849708907658/

<チケット+創造する未来 ¥3,000> or <チケットのみ ¥1,000>


[パネリスト紹介]

株式会社spicelife
代表取締役社長 吉川 保男

— Profile
大学卒業後、数年間ソフトウェア業界にてプログラマーとして業務システム開発に携わる。その後転職を数回、ケータイ公式10数サイトの立ち上げやヤフー株式会社にて企画ディレクションを担当。 2007年5月「株式会社spice life」を設立。

−Company
株式会社spicelife は人々の豊かな人生の実現に貢献すべくカスタマイズECサービスを2つ運営しています。 1つはオリジナルTシャツを1枚からウェブで簡単に作り購入できるTMIX(ティーミックス)、もう1つは仕入れなくTシャツを販売できるSTEERS(ステアーズ)です。
[Service] https://tmix.jp/
[Service] https://steers.jp/

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yoshiaki Yoshioka’s story.