長文を生放送するシステム、Medium。

ラジオパーソナリティとして見た場合、Mediumの「見切り発車でなんかできる感」が凄くいい。

完全に原稿作ってから読み上げてるラジオって公共の人たちがやってるものぐらで、

実際には、「なんか生煮えー」って感じで喋りだしているうちに、

正解、というか自分でも予想しなかったところまでリスナーが連れて行ってくれることがよくあって、ツイッターが「文字のラジオだ」って話をそういやしたことがあるのですが、これは、「長文を生放送する」システムだなぁ、と。

このフレーズも、書き始めるまでまったく思いもよらなかったもんなー。

ライターさんたちも、そういう感覚で、文章書いているのかしら。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.