天理まで車で行って、山の辺の道、往復24キロを走りました。

車を運転しながら仕事のことなどを考えることは出来るし、走りながら色々なことが頭によぎります。

だけど、電車に乗って座っているとき、立っているとき、よく考えてみたら、考えごとというのが意外と出来ないことに今更ながらに気づきました。新幹線や飛行機などノートを開いて書き込める場合は別です。

紙とペンがない時、考えようと思ったら、車の運転、歩く、走るなどどこか身体を動かしている時の方が集中できるようです。

じっとその場に座っているだけでは、思考は進まない。紙とペン、キーボードがあれば別ですが。

血流の問題なのか。

明確に意識出来たので良かったです。

普通に電車などに乗るときはやはり本を読むか、オーディオを聞くかが効率的。そこで何か仕事するなら紙とペン。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.