DB初心者がIonicでSQLiteを動かすまで

データベースを全く触ったことのない初心者が、

SQLiteでテーブルを作成し、データを書き込むまでのお話。

「Ionic Storage」でなくIonic Nativeの「SQLite」を使ったパターンです。

My 「$ ionic info」

@ionic/cli-utils  : 1.9.2
ionic (Ionic CLI) : 3.9.2
global packages:
Cordova CLI : 7.0.1
local packages:
@ionic/app-scripts : 2.1.4
Cordova Platforms : ios 4.4.0
Ionic Framework : ionic-angular 3.6.0
System:
ios-deploy : 1.9.1
ios-sim : 6.0.0
Node : v8.1.2
npm : 5.1.0
OS : macOS Sierra

やったこと

プロジェクトをblankで作成し、動作環境としてiosを追加。

必要なプラグインを用意。

$ ionic start sqlite-test blank
$ cd sqlite-test
$ ionic cordova platform add ios
$ ionic cordova plugin add cordova-sqlite-storage
$ npm install --save @ionic-native/sqlite

app.module.tsでprovidersにSQLiteを追加。

.
.
.
@NgModule({
.
.
providers: [
StatusBar,
SplashScreen,
SQLite,
{provide: ErrorHandler, useClass: IonicErrorHandler}
]
});
export class AppModule {}

home.tsに処理を追加

home.htmlに色々追加

これで

$ ionic cordova build ios

でビルドして、XCodeから起動すればOK.

ひとまず動かすところまでできたのでよかった。

トランザクションとかロールバックとかコミットとか、言葉は聞いたことあるけれど、よく理解できていないので、これをベースに色々学習しようと思います。

あとエラーハンドリング気持ち悪いのでどうにかしなきゃ・・・

感想

Ionic Nativeについての説明ページ、もう少しメンテしてほしいな〜