Tech-on MeetUp#09「エンタープライズ・ブロックチェーン」レポ

YS (@17_YoSK)
Nov 23 · 4 min read

だいぶ遅くなってしまったけれど、先日行われたTech-on#09のレポを簡単に。。

Tech-onのテーマ前回のロボティクス、今回のブロックチェーンと連続して知識がほぼない分野かつ勉強不足だったため、今回も新鮮な気持ちで(?)望んだ。

最初はデプロイ王子ことマイクロソフトの広瀬氏(Kazumi Hirose)による「マイクロソフトのブロックチェーンへの取り組み」。

全体としてブロックチェーンとは、から始まり事例を多くお話してくれたので、ブロックチェーン素人としてはイメージを沸かせることができてありがたかった。とはいっても聞いたことのないワードが飛び交う。。

<ブロックチェーンは企業での特定のニーズに役立つ >

  • ビジネスプロセスが信頼できる境界域を超えるとき
  • 複数の関係者が同一データを処理する
  • 信頼できる一つの情報源を中継しコントロールする
  • 低価値の手作業のデータ検証手順を伴う場合

ブロックチェーンだけで何かできるわけではなく、既存システムとの連携が必要である、ということがポイント。使い所としては、途中で偽物に差し代わってしまいそうなもの。(よく考えると結構あるんすね。)そこの信頼性を担保するのにブロックチェーンが利用される。

勉強のために?デプロイ王子のブロックチェーン記事も貼っておく。


2番目はKDDI中村氏と日立の蒲生氏による「不動産×企業間情報連携プロジェクト」。ブロックチェーンと生体ID認証、クーポン決済、実証実験までのお話。

ブロックチェーンを使って何かやれ、というおっちゃんが現れてしまう、ブロックチェーンがバズワード化している中、試行錯誤やトライアンドエラーを繰り返し、活用方法や運用方法を検証した経験は将来生きるはず、という結論だった。バズワード化しつつも、まだまだ実運用への課題も多くある、ということかな。


最後はIBM栗村氏による「Hyperledger fabric のアプリ開発のHint&Tips 」。栗村さん、元々はIBM Z-seriesの技術者からブロックチェーンのエンジニアにという経歴。資料がアップされていないため記憶が薄まってしまっているが(申し訳ないです、、)、栗村さんのTipsはブロックチェーンのバズワード化に対して冷静になるための材料になりそうだった。

すいません、Hyperledger fabricが何かすらわかってないので、とりあえずここを読んで勉強しよう。


YS (@17_YoSK)

Written by

Infra Engineer (Manager)

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade