「エンジニア育成の場づくりに関する進捗共有」というタイトルで発表してきました

去る2017/7/25に, 株式会社スタートアップテクノロジー様において「若手エンジニアの育て方」というイベントが開催され, 弊社での取り組みを紹介する機会をいただきました. 「エンジニア育成の場づくりに関する進捗共有」と題して発表させていただいたので, そのときのスライドを公開します.

実をいうと, 事前の主催者/登壇者での打ち合わせのなかで, 私自身は「育て方」という表現には違和感を感じていました(そのように伝えていました). 自分もまだまだ未熟, というか, むしろメンバに教えられている, 突き上げられていることが多く, 「(エンジニアを)育てる」という他動詞を使える立場にあるとはとても思えなかったからです.

しかしながら, 事前の議論を重ねるなかで, 言葉の表現はともかく, 開催メンバの想いや営みは共通するところがあり, また, 私自身がどう考えているかは置いておいて, 私も先輩方に育てられてきたのだろうということを振り返ると, 各々の知見を共有して議論していくことは意義があると思えるようになりました.

ということで, あくまで弊社での事例ということで, 試行錯誤の状況を「進捗共有」として発表させていただくことにしました. 普段頭のなかで考えながらやっていることを, 改めて整理して伝える機会になったのは良かったな, と思います. 登壇者の方や参加者の方といろいろ意見交換できたのも, とても有意義でした.

20分ほどの発表時間にぎゅっと詰め込んで駆け足でお話しましたが, まだまだ伝えきれていないこともありますし, 弊社の取り組みも現在進行形で変化し続けています. また, こういった分野の話について, ご興味の方とディスカッションできると良いな, と思っています.

資料中で紹介している参考文献へのリンクは以下のとおりです(新書は、比較的読みやすいと思います). アフィリエイトID付きですが, もしよろしければこちらから購入いただけると, とても励みになります!

最後になりましたが, スタートアップテクノロジーの菊本さん(発表スライドはこちら), お声がけありがとうございました!開発会社の先輩経営者として, いつも参考にさせていただいています. 運営に関わったスタッフの方々もお疲れ様でした. 加えまして, サークルアラウンドの佐藤さん(発表スライドはこちら), 数多くの現場経験から得られた具体的な取り組みの話はとても参考になりました. 今後ともよろしくお願いいたします.

(2017/7/28追記) 主催のスタートアップテクノロジー様によるレポートが公開されましたので, よろしければこちらもご覧ください.

Like what you read? Give Yosuke TOMITA a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.