ひどいデザインと、まともなデザインのコンバージョンの差

運営しているQ&Aサイトで、ひどいデザインと、まともなデザインでのコンバージョン率の差をA/Bテストで計測した。

質問するページに、未ログイン状態を開いた時の表示は、元々は以下のように1行のエラーメッセージでユーザー登録とログインを促すだけ。これは元々、オープンソースを元に開発しているので、そのままのエラーになっていた。これは、質問が増えすぎると、回答者が追いつかないため、あまり質問者の増加を促進していなかったという経緯がある。

最近では回答者の数も十分増えてきたので、このページのデザインを修正し、以下のように分かりやすくした。

結果としては、コンバージョン率が3倍になった。

ひどいデザイン コンバージョン 率6%
・ログインクリック 約4% (5/130)
・ユーザー登録クリック 約2% (3/130)

まともなデザイン コンバージョン 17%
・ログインクリック 約9% (12/129)
・ユーザー登録クリック 約8% (10/129)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.