s/釣り/マーケティング/g

釣りは楽しい。リサーチと下準備を入念に行い、狙い通りのフィールドで狙い通りのターゲットを獲得できた瞬間の感動は何ものにも代えがたい。

学びが尽きないのも良い。

  • ターゲットの種類、生態
  • フィールドの特徴、環境

単に、上記それぞれにマッチする道具やアプローチ手法の選定に関するメソッドだけでも数え切れないほどあるし、釣りをする人の数だけ理論がある。

たとえば、期待した成果を得られなくても、その時間さえ貴重なナレッジになる。その日のアプローチ方法に成果が無いことは、反証データとして次の釣りに活かすことができるからだ。

そういった意味では、釣りで1番大切なのは、リサーチと下準備だったりする。

ターゲットを研究し、戦うフィールドと、道具を選ぶ時間。

柔軟な思考や体制を整えるのも肝要だ。何せフィールドの環境は変わりやすい。コンディションが急に悪くなったり、1日のうちに何度も状態が変化することはままある。

それに応じて、ターゲットの行動パターンも変わる。臨機応変に対応することが釣りを成功に導く秘訣だ。

釣りは奥が深いが、その喜びは計り知れない。釣りをしない人は人生の楽しみの半分を無駄にしている、という格言があるくらいだ。

これを読んで納得していただけたあなたには、ぜひ釣りを始めて欲しい。釣りをするには年齢も性別も国籍も立場も関係ないし、始めるのに遅すぎるなんてことはないのだから。何事も。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.