テニスをしている家族とその横で一人釣りをしているおじさんをみて感じた栄枯盛衰

ども!遊スケ(@ysuke10)です。

先日調査に向かっているときに、川沿いのテニスコートでお父さん、お母さん、お子さん2人の4人家族がなかむつまじくテニスをしていた。

「家族かぁ~。うらやましいなぁ。」なんて思いながら歩いていると、その横でおじさんが一人川で釣りをしていた。

楽しそうに「キャッキャッ」言いながらテニスをしてる横で、おじさんは黙々と一人釣竿を川に垂らしていた。

勝手な妄想

きっとおじさんにも幸せな家庭があったはず。1970年代?80年代?にはきっとおくさんと子どもがいて、みんなでキャッキャ言いながら休日を過ご していたのだろう。それが年をとり、子どもはそれぞれ独立した。定年退職し、余暇を楽しむにもお金がかかる。家にいてもおくさんに邪険に扱われ、朝からわ ざわざ外に出て川で釣りをする。

これが家族の栄枯盛衰なのではないか・・・・そんなことを感じながら、ぼくは一人セイヨウアブラナを探す。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.