バミュ練 凍結積雪につき藤野上野原をウロウロ

フェイスブックで「迷うなー。日陰は結構ヤバイもんね。小山田がいいかな?」

O森「雛鶴行きたいっス!」

A益「雛鶴りましょう。」

…了解です…とこんなやり取りが。

まあ、結果から書くと「ハイ無理ッ!」でした。楽しかったけど。

4時間18分、104km、223.4TSS、IF0.72 NP218w/Avg187w、 Avg115/Max159bpm、Avg68rpm

メンバーはO森さん、N村君。

A益さんは輪行で相模原駅まで来て、まさかのシューズ忘れ!

痛恨のミスと思いきや、横浜に帰り三浦方面に走りに行った。

結果としてはA益さんが正解で勝ち組。 こちら負け組は写真の通り…。

前日のやり取りで相模原市緑区の山の方が実家のチンパンジーN野から

「明日は行けませんが外野から個人的意見です。チンパンなら雪好きだし橋を気をつけるば問題無いので雛鶴行きますが…(略)…今日のシャーベットだった所が早朝は凍るのし藤野あたりの橋の上は凍結するので気をつけて飛ばしてください!危ない所は数カ所だけなのでそこさえおさえてれば大丈夫です!一緒に行けず残念」

と、誤字脱字とチンパンジー文法で訳の分からない書き込みが。

まあ、神奈川CCの下りだけ気をつければ大丈夫そうとのこと。

集合場所でリコンファーム。

自分「はーい。今日はどうしますか?本当に雛鶴行きますか?小山田でも…」

O森「雛鶴でいいんじゃないですか~。道志はダメですかね?」

N村「まかせます。」

自分「…本当にいく?前々日に結構降ってるから積雪と凍結が…」

O森「雛鶴でいいんじゃないですか」

N村「…。」

自分「…それじゃ、行こうか。一番安全なルートで行こうね」

と出発。

牧馬の下りは100%デンジャラスなので、いつものプレジャーフォレスト入り口の信号を左折して雛鶴へ。

寒すぎて画像ブレブレです。

はい!ムリ!雪と凍結!!

あちゃー…しかし、少し進めば大丈夫かもと話しながらドンドン泥沼へ。

もはや乗ることもままならなくなり押して歩いたりしてクリアしていく。

気温が低く手足の指先が痛すぎる。

痛すぎてグローブの上から息をハーハーしていたらN村くんが、 「痛いなら凍傷じゃないから大丈夫ですよ!」と訳の分からない発言。

さすがキリマンジャロも登ったことのあるツワモノめ。

そんなことより、これでは練習にならないので引き返して小山田でも…と言うと、

O森「雛鶴いきましょうよ。」

しばらくして、デンジャラスゾーンをクリアして走り出すけどすぐに積雪凍結が。

その度、振り向いて確認するけど返事は「雛鶴でいいんじゃないですか。」

…おいっ!雛鶴、ヒナヅルってキミはそんなに雛鶴が好きなのか!?

もう、雛鶴行きたいおじさんには薄ら笑いでしか対応できなかった。

と、同時に心の中では「これからは雛鶴おじさん」と呼んでやると決める。

なんとか秋山トンネルまでたどり着いたが時間がかかりすぎているのと積雪凍結で雛鶴に行くのは断念。

少しだけ坂道ダッシュをして折り返して帰路へ。

途中、坂道ダッシュを繰り返し頑張りすぎた雛鶴おじさんが気持ち悪くなる。

気持ち悪い、キモチワルと、いいつつも背中を丸めて小さく体育座りしながらスポーツようかんを一生懸命チューチュー食べている姿に哀愁が漂いまくる。

気持ち悪いんじゃないのか...とツッコミを入れたいが、そこはグッと我慢。

色々ありましたが無事に帰宅。

あまりにも積雪凍結路面を走りすぎたせいか、多少シャリシャリしている程度だったら何とも思わなくなった。慣れって恐ろしい。

だけど、なんか子供の時に雪にド興奮して遊んでいた思いが蘇ってきてとても楽しかった。

シクロクロスやMTBはこんなワクワクする感じで自然の中を走っているのか?

そう考えると自転車の楽しみ方はロードバイクだけでは無いなーと思える良いライドだったな。たまにはいいかも。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.