この1週間に、一括送信と新しい入力フィールドを含む、Box Signの更新をリリースしました。フロントエンドのユーザーエクスペリエンスの変更のほか、署名リクエストAPIへの情報の追加も行いました。

一括送信

一括送信では、.csvファイルをアップロードすることで、1つのドキュメントを複数の受信者に送信できます。ファイルに記載された各連絡先には、一意の招待と、署名するためのドキュメントのコピーが送信されます。

BoxのイベントAPIを使用した場合に、Signイベント内のadditional_detailsオブジェクトにbatch_sendフィールドが表示されるようになりました。

新しい入力フィールド

以下の6つの新しいフィールドのほか、すべてのフィールド (合計10個) のテキストの書式設定を追加しました。

  • イニシャル
  • スタンプ
  • タイトル
  • 名前
  • メール
  • 会社

送信者は、ドキュメントの準備中にテキストベースのフィールドにフォントサイズとフォントスタイルを選択できるようになりました (フィールドレベルまたはドキュメントレベルで選択可能)。初期のフォントスタイルは、Serif、Sans Serif、およびMonoです。

署名リクエストのレスポンスオブジェクトでは、inputsオブジェクト内に新しいcontent_typeフィールドが見つかります。選択項目は、署名者が記入するフィールドの種類を表します。

フィードバックと機能リクエスト

  • バグが見つかった場合や修正が必要な問題が発生した場合は、Box Product Supportチームに対して直接チケットを作成してください。
  • APIの使用方法に関する質問がある場合は、Boxの開発者フォーラムに英語で投稿してください。
  • Box Signの機能リクエストがある場合は、Box Pulseで製品チームに英語でお知らせください。

--

--

数日前に、新しいエンドポイントを追加してユーザーアバターの管理機能を拡張しました。その結果、このAPIを使用して、新しいアバターのアップロード、既存のアバターの更新、不要になったアバターの削除が可能になりました。

Boxのユーザーアバター

ユーザーアバターの追加または更新

新しいアバターを追加、または既存のアバターを更新する場合は、POST /users-id-avatarリクエストを使用します。

curl -i -X POST -L https://api.box.net/2.0/users/userID/avatar 
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'
--form 'pic=@"path/to/file/file.jpeg"'

アバターのアップロードに成功した場合、ファイルの場所へのURLを含むユーザーアバターリソースがレスポンスとして返されます。

ユーザーアバターの削除

ユーザーアバターを削除するには、DELETE /users-id-avatarリクエストを使用します。

curl -i -X DELETE -L https://api.box.net/2.0/users/userID/avatar 
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>'

この拡張機能をぜひご利用ください。質問がある場合は、Boxの開発者向けフォーラムに英語で投稿してください。また、機能に関するリクエストがある場合は、Box Pulseに英語で投稿してください。

--

--

共有リンクの新しい権限オプションcan_editを最近リリースしました。Boxウェブアプリにこの機能がリリースされるだけでなく、開発者はこのAPIを使用してファイルの編集可能な共有リンクを作成または更新することもできます。

Box SDKライブラリは、今後数か月以内に更新される予定です。それまでは、開発者向けドキュメントの権限に関するセクションにあるcURLの例をご覧ください。

現在、can_editは、typeがfileの項目ではtrueにしか設定できません。また、Boxプライマリ管理者が企業のコンテンツ共有設定を変更し、編集可能な共有リンクを禁止している場合、この機能を使用することはできません。

この機能強化をぜひご利用ください。サポートが必要な場合は、Boxの開発者向けフォーラム、機能の改善に関するご提案についてはBox Pulseに、英語で投稿してください。

--

--