1.19 真宵迷い

今日は恒例の勉強会で、次々と、機械知能の論文を読みくだして、次々と扉を開く。小規模だけど、コミュニティがないとできないやつだ。書籍で売っている体系化できる内容は一人で進めたけれど、先端の研究は、足の速い領域の最新の論文は、一人ではその扉を開けて覗いていくだけでも、足りたい。一人の速度を領域が平気で置いていく。

全体が見えれば見えるほど、広くて早く広がっていってもはや立ち行かなくなる。基礎を固めながら、最新を追っていかないといけない。もっと先に行きたいのだけれど、本当に行きたいのか本当はわからなかったりもする。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yuta Beta’s story.