ゆかりのへや001 参加者の声

///Self&Metacognition///を通してのまなびときづき。そして。

Photo by Akaya Ogawa

印象的だった参加者の声

少し前の悩んでいたじぶんや、少し先にこうなっていたいじぶんが周りにいるように感じた。みんな違うのに、共通する部分もあっておもしろい。

・わたし自身がきづいていない素敵なところを周りのひとが教えてくれた。とてもあったかくてうれしい気持ち。じぶんのイメージしているじぶんの認識とまわりのひとが感じてくれたわたしの認識が違うことにも驚いた。

Photo by Akaya Ogawa

今回まなんだこと、きづいたこと

捉われている「何か」はじぶんでつくりだしていたときづいた。「こうあるべき!」という考えのもとにこれまで行動してきたかをよく感じられた時間だった。

・みなさんのお話やじぶんを表すキューブは全部キラキラしていて素敵でした。・・・ということは、わたし自身もそう感じてもらっているという事を確認し、自己肯定感が高まりました!

・じぶんを客観的に見たい、知りたい時は頭でぐるぐる考えるのではなく、手を動かしたり、体に聴けばいいんですね。

Photo by Akaya Ogawa

これからの生活でいかせること

じぶんを認めてあげること。「何か」に捉われそうになったとき思い切って一歩踏み出す勇気を持とうと思った。

・物事を考えたり、行動する時、少し立ち止まって内観する

・「わたしは素敵」と「常に思っていていいんだ」というじぶんへの許し

・じぶんのキャッチコピーを考えることは、その時のじぶんの変化をよりクリアに認識できそう


どのひとも、そのひと本来もった「らしさ」にきづいていく未知なる道のプロセスにあります。もちろんわたしも。きっと、どの瞬間も、どのじぶんも、愛しい存在なんですよね。ご参加ありがとうございました。

今後も「ゆかりのへや」随時開催していきます。

次回は2017/9/9(土)14時~16時半 定員:各回4名様 
@大阪中之島の素敵な写真スタジオで行います。
ご参加希望の方は下記までお問い合わせくださいませ。


こちら関連記事です。よろしければどうぞ。
ゆかりのへや001 ///Self&Metacognition///
「いきるためのまなび」をひらく、20–40歳の女性向けゼミ開講

ゆかりのへや002 ///Energy∞Care/// vol.1 
 & Vol.2(巨石瞑想編)
「いきるためのまなび」ゼミ2回目、大自然へ飛び出す!

あなたの「ステージ」はどこでしょう?


My Profile

お問い合わせは、
atelier.yucari☆gmail.comまで。(☆を@に変えてお送りください)