NOが導く、本質時間。

2006年の今日8/6の日記より

「少量でもいい。質のよい学びを私は求めていた。限りなく本質にちかいもの。 今それを思い出した。私はそれを求め続けている。」
本質とは 
物事の根本的な性質・要素。そのものの、本来の姿。(大辞泉)

*

2016年の今日8/6
10年後、わたしは、それらを微力ながらも提供する側に。
限りなく本質を届けたいと思う。

学ぶことだけでなく暮らし方もまさにそうだなあ。
ミニマムだけどじぶんにとりオーセンティックになっていく感じ。成長するとオーセンティックの質感も変わっていくだろうからこれからの変化も楽しみね。

*

本質に生きるということ

その秘訣は何か…?

「 NOということ 」

とても大切。

わたしはここ数年、この修行を錬磨しまくった。お蔭で楽になった。積んだ。
積むと目の前からその現象自体がなくなっていく。

あら不思議〜。

*

なぜNOか?

先月、美瑛でお会いした宇宙物理学者佐治先生も、若かりし頃、ある偉人から同じアドバイスを貰ったと仰られていた。

それは

「じぶんにとっての美しく、貴い時間をいかに紡ぎだすか」という「生きる行為」とイコールだ。

とわたしは感じている。

‪#‎いきることはまなぶこと‬


My Profile