アイルランドへ留学中の生徒からのレポート

何となく文面がおもしろいのでシェア。

江藤先生用。写真はMediumに貼ります。携帯は水没したので、写真は少ないです。

8/25

フライトは、大阪からアムステルダムの約11時間プラス、アムステルダムでの待ち時間約5時間プラス、アムステルダムからコークの約1時間50分で、合計約17時間50分です。

コーク空港に着いた後、僕のホストマザーのCarolineさん、一か月アイルランドに滞在してる日本人タイシ、タイシのホストマザーMandyさんが出迎えてくれました。

家に向かってる車の中で、CarolineさんにホストファザーのMichaelさんの妹家族が遊びに来てるよと伝えてくれました。家に着いた時、中でMichaelさんが迎えてくれました。ダイニングキッチンの方へ行くと、娘さんダニエル(21)と、息子さんオリバー(19)が迎えてくれました。息子さんティム(23)はコークにある大学に通っていてその日はまだ帰って来てませんでした。お腹が空いてるか聞かれイエスと答えたので、スパゲティのようなものを出してくれました。そのあとシャワーを浴び寝ました。11~12時でした。

8/26

疲れていたので、ぐっすり寝て起きたら12時はとうに超えてました。僕の部屋は階段を上がってすぐのところにあるのですが、天井が屋根に沿っているので少しばかり低いです。起きると、妹家族の子どもさんたちの声が聞こえてきました。階段を下りると、ダイニングに呼ばれ、朝ごはんを用意してくれました。用意してくれている間にお土産を渡しました。妹家族が来てるのは予想外でしたが、寮であげるつもりだったお菓子を子どもたち皆にあげました。結局、お菓子は寮の子にはあげていません。ハイチュウは喜ばれました。

その日は、制服採寸をしに学校の近くのお店まで行きました。採寸が終わり、制服を得たあとはスーパーの買い物へ着いて行きました。こちらのスーパーは日本とは、量が桁違いでした。オリバーもいたのですが、デオドラントを買っていました。

8/27

この日は早く起きました。朝ごはんを食べたあとは、散歩へ連れてってもらいました。朝ごはんは基本的にトーストです。Carolineさん、Michaelさん、Michaelさんの妹さん夫婦、オリバーと僕で行きました。妹家族の名前はまたそのうちに。携帯は持ち歩いてなかったので写真は撮れなかったのですが、めちゃくちゃ景色が良かったです。帰って来たあとは、ランチを食べました。ランチもトーストが多いです。料理が出てくる時ももちろんあります。週末しかいないので断定は出来ないです。その日は家でお茶会が開かれるみたいで、僕は部屋にいたのですが、オリバーが散歩に誘ってくれたので、散歩へ行きました。その日は、前とは違うルートで、海方面に行きました。オリバーは9月半ばに中国へ三ヶ月飛び立ってしまうのですが、その話や僕が行く現地学校の話などをしました。2人で水切りをしました。めちゃくちゃ遠くまで行って、約2時間散歩しました。海は満ち干きが激しくて、行きは満潮、帰りは干潮だったり、面白いです。アイルランドは自然に満ち溢れています。散歩から帰って来たあと、お茶会は終盤でした。Carolineさんが何人かに紹介をしてくれました。そのあとお茶会の余りを頂きました。その日はすぐ寝ました。

8/28

毎日曜日は教会に行く日です。朝ごはんを食べたあと、行ったのですが、もう始まっていて、その時は何曲かあるうちの賛美歌?を歌っていました。その教会は新設で、とても綺麗でした。十字架や、壇などはなく、公民館のようでした。賛美歌の歌詞もプロジェクターで前に映し、とても現代的です。その日は数回しかない特別な日だったらしく、信者が前で感謝の意を述べたり、その述べた人が水に漬けられるイベントがあり、おわったあとは用意されていたお菓子やジュースを楽しむことができました。タイシとも喋りました。タイシが去って1人になったので、Can I help you?と声をかけてお手伝いをしました。その後は自己紹介をしに一人一人に声をかけていって何人かと知り合いました。27日のお茶会はその教会のコミュニティの人だけで行われているようでした。教会から帰って来たあとランチを頂いている時にオリバーとダニエルがセーリングに誘ってくれたので連れてってもらいました。海に着いたとき、オリバーの同級生も数人一緒だったので、自己紹介をしました。オリバーと一緒のヨットでセーリングしていたのですが、その時に転覆して袋に入れていた携帯が死にました。なので、僕は外の写真を載せることは少し難しくなりました。転覆したあと、教会で知りあったネイサンのお家が近くで連れてってもらい、服を貸してもらいました。

日曜日の夜は決まって、学校に行く(戻る)日で、寮に連れてってもらいました。寮にはすでに何人かいて知り合いました。そのあとはレクチャーみたいなのがあって話を聞かされたあと、特別にディナーがピザでそれ食って寝ました。

8/29~9/2 @学校

この日から授業。最初なので、まず説明会があって担任の元へ行ったあと、授業の始まりです。僕のクラスには新しい生徒が僕以外に数人いて、それ以外の生徒は皆顔見知りなようでなかなか話に入ることは出来ません。ちなみに朝ごはんはクロワッサン、トースト、フルーツ、シリアル、ハム、チーズ、紅茶、オレンジジュース、野菜をバイキング的な感じで食べることができます。遅れるものならば、クロワッサンもフルーツも食えず昼ごはんまでひもじいです。昼ごはんは日替わりです。こちらのお米はパッサパサで、味なんてありません。お米だけ不自由なのでサトウのご飯を持ってくればいいかなと思います。夜ゴハンも日替わりです。朝ごはんは8時頃からで夜ゴハンはだいたい6時頃から。

毎日、7時からお勉強タイムです。休憩ありで、9:45分まで続きます。2セット目はコンピュータオッケーです。宿題が課されるので、意外と有難い時間です。終わったあと寮に戻り就寝用意です。10:30~11:00には電気を消されます寝てしまいます。

就寝時間は携帯は没収されていきます。寮にWi-Fiありません。

朝は7:00~30位に起き、シャワーを浴びたかったら浴びて着替えて、朝ごはんへゴー。携帯は朝に返されます。そしてまた授業。

授業は1つ40分

時間割の写真を見て分かる通り、授業授業授業休憩×3って形になっています。1つ1つの授業の間に休み時間はありませんが、1つ40分なのであまり辛さを感じません。

ロッカーは、与えられます。

木曜日、金曜日のModuleというところは自分で選べます

木曜日のは、MusicProduction、Sociology、SportCoaching、Horticulture、Engineering

YoungSocialInnovation(YSI)

金曜日のは、Programming、Exercise、Photography、Zoology、Cookery、Appです。

ちなみに僕は木MusicProduction、金Programmingです。

放課後に外へ出ることができるのですが、時間が何時~何時と限られてて、たったの30分です。

金曜日にホストファミリーは迎えに来てくれます。

9/2は迎えにきてもらったあと、オリバーの卒業パーティーの余興に連れてってもらいました。オリバーを降ろしたあと、ネイサンの家の小さなお茶会に参加しました。そこからは、放牧してる牛、馬が見放題です。その日はダニエルもオリバーも、ティムもおらず、MichaelさんCarolineさん3人で夜ゴハン

9/3

この日はMandyさんの家で何かイベントがあってそれに行きました。その前に、南くんとオリバーとCarolineさんとぼくで、オリバーの学校へ行きました。帰って来たあと、散歩へ行きました。Mandyさんの家では、キリスト教のことについてでした。

9/4

この日は、教会の日で、Carolineさん家が椅子の設置やらのセットアップを任されていたので、お手伝いをしに行きました。同様に片付けもしました。

また寮に帰る日です。出る前に、オリバー、Carolineさん、Michaelさん、ぼくでトランプをしました。七並べは、こっちではセブンと呼ばれています。

9/5~9/9

寮のメンバーは、

Pierre フランス

Mael ドイツ

Jakob ドイツ

Leo ドイツ

Sam アイルランド

Jason アイルランド

Tihyg(?) アイルランド

タイシ

ユウキ

ぼく

JasonとJakobは写真に写ってません

ちなみに金曜の2時間目、3時間目のところは中国語を習っています。アイルランドに来て中国語を習っています。火曜日の最後に時間は、ミニカンパニーです。体育の人もいますが、クリスマスくらいを境にチェンジです。ミニカンパニーは4–5人グループで製品を考えます。僕のところは今USBやバッテリーなどについて考えてます。

放課後の外出時間に、お菓子やら飲み物などを買うことができるので、お金はなんぼか持っていきます。毎日行くわけではないので、10~15ユーロもあれば十分です。

9/9はお迎え。この日、帰って来た時、帰って来たティムとダニエルに会いました。ダニエルもいつの間にかティムの元へ行ってたそうで、皆とてもアクティブです。

Carolineさんはおでかけで、ダニエルオリバーティム、Michaelさん、僕で散歩へ行き、帰ってきて夜ゴハンを頂きました。そのあとトランプで、ラミー?というゲームをしました。その日はMichaelさんに、色々質問しました。僕のホストファミリーは、2008年にアフリカからアイルランドへ移住してきたそうで、日本人を招くのは初めてだそうです。

あと、アイルランドの方はイギリス英語。

Like what you read? Give Yuh Etoh a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.