世界の夢の旅行先として日本で唯一選ばれた花の楽園。外国人観光客で溢れる足利フラワーパークにいってきた

テレビや雑誌でひっぱりだこに掲載されている足利フラワーパークにいってまいりました。
 もうね、GWにいったんですが本当に人がすんごい。人。人。人。人。

足利フラワーパーク

栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。
 時代の変化に対応してフラワーパークに
 花や木を通してその季節感あふれる庭を園内につくりこんでいます。
 園のシンボルである大藤は日本の女性樹木医第一号である塚本こなみ氏によって移植され、大藤(当時樹齢130年)の移植は前例がなく常識を超えた移植プロジェクトに全国から注目を集め、日本で初めての成功例となりました。
また、10月下旬より開催されるイルミネーション 「光の花の庭」 は夜景コンベンションビューローが認定する関東三大イルミネーションに選ばれ、2016年には全国4,800名の夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキングにおいて、イルミネーション部門で全国1位を獲得。
 四季折々、数多くの花々で彩られており年間で 100万人 以上の来園者が訪れます。

また、CNNで世界の夢の旅行先としても日本で唯一選ばれた場所でもあるそうです!
 https://goo.gl/3TqILY


料金

料金設定ですが、花の咲き具合により料金が変動するのが特徴。
 このビジネスの仕方は面白い。
 

 期 間 大 人 子 供
 2017. 03月01日 ~ 04月14日 300円 ~ 1,200円 200円 ~ 600円
 2017. 04月15日 ~ 05月21日 900円 ~ 1,700円 500円 ~ 800円
 2017. 05月22日 ~ 06月30日 500円 ~ 1,200円 300円 ~ 600円
 2017. 07月01日 ~ 02月28日 300円 ~ 700円 100円 ~ 400円
 2017. 10月21日 ~ 02月04日(夜の部) 900円 500円

一番の繁忙期であるGWには2016年度の入場者が36万8538人
 この期間だけで

1700円×368,538人×7日=4,385,602,200円

しかもそこにお土産やらフードコートとかの料金もあるからな。。。

ここで1年分稼いで減価償却と投資をするのだろう。
 あ、でも10月からも向け目なく大規模なイルミネーションもしていて来場者もすんごいとあるからうむ。
 言うまでもないないな。。


ということで行ってみます。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3214.8882125829923!2d139.5195647507296!3d36.31501760246173!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x601f24a910deedd3%3A0x631a0f5f26b9c043!2z44GC44GX44GL44GM44OV44Op44Ov44O844OR44O844Kv!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1494574161575

車、最寄駅からととにかく混雑。
 車だったらいつパーキングにつくのだろうと気が遠くなるかと思います。。
 私らはというと小山駅まで電車でいってからタクシーでブーーーンと。田舎なのでひとつ電車を逃すと40分くらいまつことになるのですよ。。

タクシーで途中まで行くも渋滞がはじまり、結局途中から降り、歩いて足利フラワーパークに行きました。笑


中へ

事前にコンビニでチケットを買っておいたので長蛇の列に並ぶことなく園内へ。
 これは先に購入しておいてかなり正解だったw


アジア人の外国人観光客の多さにびっくり!!!!

日本人ももちろん多いのですが、よく見ると周りには台湾、タイ、ベトナム、インドネシアetc…
 異国な空気が充満しております。

数週間前に台湾の友達も足利フラワーパークに遊びに来ていたんだけどどうやら、
 台湾では毎日のように、雑誌やテレビで紹介されているとのことだった。

Fun! Japan Taiwan

アジア諸国に向けてのプロモーション効果抜群だ。
 しかもいかに写真を綺麗に撮れるか彼らも場所をあちこち移動しながら追求していてそれをsnsで投稿し、さらに拡散して口コミが広がる。

だいたい日本に来ているのは、お金に余裕のある人たちだからカメラのスペックもいいしオシャレ。
 そういう彼らが友達たちに自慢げに話したりしながら友達も足利フラワーパークに来たりする形なんだろうな。
 すごいインバウンド効果だわ。


園内マップ

250トン を超える量の炭を敷き詰め、土壌の浄化、活力を高め、すべての生命体の活性化を図っているよう。園内の拡張整備も進み、 94,000㎡ の敷地面積と見るとこと盛りだくさんなのであります。


藤の花ご対面

ピンクに

白に

紫。
 もうねここは天国ですか?

見事に満開で1700円という料金でも安く感じてしまうトリック。
 そして藤のいい香り。
 花の匂いってなんでこんなに人を幸せにするのだろうか?
 長かった東京からの道のりもこれを見たら、来て良かったと心から思う。

藤の壁なんていうのもある。斬新は発想だ


藤の花だけではない。

カラーちゃん♡

ネモフィラちゃん♡

ルピナスちゃんも満開だね!

ハンカチの木。

これ人生で初めてお目にした。
 欲しいと思って楽天で検索したらなかなか高いのね。笑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハンカチノキ/ハトノキ(2.0m内外)【選択肢あり】
 価格:26784円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)

家の外でガーデニングするのに参考にしよう。

と藤の花以外にも見るところたっぷりで、
 お花好きなら帰るのが嫌になる。w
 私が帰りたくない気持ちになったのだからホリックな人は相当かと。


どうやら植物の販売もしているぞ!

花をこれでもかと見てから、出口に向かうとお花が販売されている。
 家でもお花育てたいって絶対消費者ならなる戦略だ。

今回は電車できていたので購入は断念、車で来ていたら絶対買っていたわw


ということで

これは人生で一度は訪れておいたほうがいいと思う。
 花を見るだけでこんなに幸せになるのだから。

それにしても凄い混みようだった。w


施設情報

住所:栃木県足利市迫間町607
 電話番号:0284–91–4939
 公式webサイト:https://www.ashikaga.co.jp/index.html

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.