「パリの日本人街と消費文化」

パリにも日本人街があるんです。知ってた?
ていうか、ぶっちゃけどこにでもあるもんです。
NYもブルックリンとかは日本人多いなーーーみたいな。

そして今日もラーメンひぐまは大流行りです。

この近くにギャラリーがあってお仕事のつながりでお邪魔させていただきました。

日 本 の 商 品 マ ジ カ ッ ケ ー !!!

・・・・という発見。買いそうになった ><

民芸やプロダクトデザインは好きなジャンルなのでだいたい知ってるだろうって思ってたけど
知らなかったものがいくつも・・・・
こういうのがミラノサローネとかに並ぶんだろうなあと興味津々でした。
次回はミラノサーロネに行きたい。

パリは人口が思ったより少ないので日本はどんだけだよ・・・と思いながらパリの消費マーケットは保守的なのだそう。フランス人的にもビジネスしにくいという印象らしい。

アメリカも日本ほどはないからね。
日本って結構不思議な消費マーケットがあるよなあと気づいたのでした。(ハワイは日本ぽいかもw)

ていうかパリは「どうやってビジネスしてるの?」って思うくらいシビア。
どんだけニューヨークは景気いいんだよ!としばしば思った。

パリはレストランとパティスリーは割にいいと思う。
食文化が発展したのも理解できる。そりゃパティスリーが増えるわけだ。

例えばこちら。はちみつ屋さんなんだけど、250gで700円くらいしかしないの。
日本はこのクオリティだと2倍~4倍くらいします。
http://www.miel-factory.com/

ここの「ラベンダーはちみつ」ってのがあって、これが最高に素敵だった。
それは13.5ユーロだったから買わなかったんだけどね。
あとはライムツリーとかも、ミルキーな香りがたまらん!!
でも私以上にはちみつに興奮する人ってどうせいないから、ま、いいやと。

というわけで、日本人で日本という国に生まれたことを感謝!

c
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.