優しい気持ちになれるサウンドトラック

おはようございます!

音楽家の湯川和幸です。

さて、

先日、映画館で「海難1890」を見てきました。

和歌山を舞台にした映画です。

冒頭に和歌山の風景に合わせた
オーケストラの音楽が流れてくると
僕は、、、、、、

=====================
そこで号泣でした(笑)。
=====================

映画の内容と関係なく泣いてました(笑)。

和歌山の風景にオーケストラってめっちゃ
合うのかもしれません!!

かっこよく言うと、和歌山の自然から
僕はオーケストラの音楽を感じてるのかも、、、

うーん、よく言いすぎかな(笑)?

もちろん「海難1890」は面白かったですよ!

オススメです!

さて、映画音楽でオススメといえば
僕の場合

=====================
「ある日どこかで」
=====================

のサウンドトラックです。

youtubeで音楽を聴きたい方はこちら!
https://youtu.be/Fxx-0WApzF4

テーマ曲の「SOMETIMEWHERE IN TIME」
が流れてくるだけで気持ちが落ち着きます。

ラフマニノフの「パガニーニのラプソディー」
も流れてきます。

派手さはありませんが、とても美しい
サウンドトラックです。

とても優しい気持ちになれるサウンドトラック
だと思います。

きっとこの映画、Netflixなんかの
配信サービスでも見られると思うので、
よかったらぜひ見てください。

ちなみに

このCDを買ったのは20年ほど前です。

もちろんDVDも買いました。

音楽を作られたのは、「007」を担当された
ジョンバリーさん。

「007」とは雰囲気がえらく違いますね(笑)

話は変わりますが

当時、池袋のパルコか駅ビルかどちらかの
6階か7階くらいに新星堂さんが入っていて
そこでこのCDを買ったのを覚えています。

あそこのCD棚やDVDの棚は、タワレコや
HMVなどと違って、とても僕好みなものが
並んでいたので、よく通ってました。

売り場の担当の方もきっと相当な
音楽好きだったんでしょうね(笑)

懐かしい思い出です。

それでは今日も
ゆったり腹式呼吸でいきましょうね!

今日も最後まで読んでくださって 
ありがとうございました。

湯川和幸でした!

P.S.
海外ドラマ「フリンジ」を見ていると
トレモロストリングスを多用したくなるのは
僕だけですか(笑)

P.S.2
「海難1890」の音楽も「ある日どこかで」と
同じような雰囲気でとても好きでした。

Like what you read? Give 音楽家 湯川和幸の「聞くことは創ることでもある」 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.