高音をきれいに出すコツ

おはようございます!

音楽家の湯川和幸です。

本日のテーマは

=====================
高音をきれいに出すコツ
=====================

について。

ボイトレ的な話題です。

歌ってる人の悩みの一つに
「高い音が出ない」
というのがあります。

もしくは
「キーの高い歌を歌うと
喉が痛くなる」などなど
ですね。

これらは、視点を変えることで
簡単に解決することがあります。

もちろん、
最終的に練習は必要ですが、
その視点が間違っていると
練習をどれだけ頑張っても
高音をきれいに出すことが
できません。

それでは、その
高音をきれいに出すコツとは、、、

ズバリ!!

=====================
自分が出しやすい
音程の声を豊かにする

=====================

です。

まず、あなたが一番出しやすい音を
しっかり出すことが大事です。

しっかり出すと言っても
力任せに出すのとは違います。

きちんと響いた声で出すんですね。

NHKのニュースのアナウンサーさん
の声なんかは豊かな響きを持ってる
ことが多いので、よかったら
参考にしてみてください。

結局、高音を出す声って、、、

=====================
出しやすい音の延長線上の声です。
=====================

勘違いしやすいのが

高い音だけ違う感覚で
出そうとすることです。

別の言い方をすれば
そこだけハイジャンプするような
感じですね。

これだと、たとえ高音が出たとしても
勢いだけの声になります。

どんなに高い音でも
基本的には、あなたのいつもの声の
延長線上になります。

そのためにはまず
自分が出しやすい声を
きちんと出すところから
始めましょう。

歌いやすいキーの歌を
何度も練習することも
いいかもしれませんね!

それでは今日も
ゆったり腹式呼吸でいきましょうね!

今日も最後まで読んでくださって 
ありがとうございました。

湯川和幸でした!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.