I’m really hooked on UNIQLO

In San Francisco, it’s so much colder than I expected. Foolishly, I don’t have a jacket so today I went shopping around Union Square to buy a jacket.

I read “Hooked” by Nir Eyal. This is a book about attracting people to our products. In the book, he explains “triggers”.

There are two kinds of triggers — external triggers and internal triggers. The external triggers come from the outside, such as ads and suggestions from friends. This is how we start using a new product. The other kind comes within ourselves, that means, our habits itself are the internal triggers. For exapmle, you always open the facebook app before you think about it.

Well, you see the point, right? Actually, I used to go to UNIQLO when I was in Japan. That’s why I ended up going to UNIQLO after I saw its banner.

On the way back home, I regretted this uninteresting choice a little and I realized how strong the habits are.

Next time I go shopping, I’ll be looking forward for a different trigger ☺

今日はオフの日だったので服を買いにUnion Squareのあたりまで行きました。

SFに来る前は夏だしきっと暑いだろうと思っていたのですが、実際は思っていたよりもとても寒くて驚きました。ジャケットの一枚も持ってなかったので、買いに来たというわけです。

来る途中のバスではNir EyalのHOOKEDを読んでいました。

彼は本の中で、人々をプロダクトに惹きつけるための外的トリガーと内的トリガーについて解説してます。

外的トリガーというのは友人からの紹介や広告といった外から生じるもので、僕たちはこれをきっかけにそのプロダクトを使い始めます。 そうしてプロダクトを使っていると、次第にそれが習慣になり、自然とそのアプリを使うようになります。これが内的トリガーです。

もう言いたいことはわかったでしょうか?実のところ、僕は日本でよくUNIQLOを利用していて、日本から遠く離れたこのサンフランシスコでもこの見慣れた看板を見た時に自然と足が向いてしまったのです。

あとになって、せっかくアメリカにきてまで日本のメーカーの衣料品を買うことはなかったな、と少し後悔したものですが、それだけにこの習慣というものの強さを思い知らされました。

次の買い物のときは別のトリガーに惹きつけられるのを楽しみにしています☺

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.