今日のレシピ

強力粉 150g
薄力粉 50g
水 135g(65%+スキムミルクの50%分を追加)
スキムミルク 10g(5%)
塩/イースト 3g(1%)
砂糖 16g(8%)
無塩バター 10g

一次発酵~ベンチタイム

前回の発酵状態を調べてみると、過発酵という状態だった。
今回は過発酵しないように、30分で一次発酵を完了。


毎週パンを焼いている。

今日のレシピ

強力粉 200g
薄力粉 50g
はちみつ 10g
塩/イースト 5g
砂糖 8g
水 170g(68%)
バター 10g

オートリーズ

今回のような加水率の多い生地の場合、
べちゃべちゃとして非常に捏ねにくい生地になる。

オートリーズは伸展性と窯伸びを目的に行われる。
強力粉、薄力粉、水、はちみつを混ぜ合わせ、ある程度纏まったところで20分程度(※)放置する。

※25~30℃で20~30分程度が一般的のようだが、調べてみると長時間置くこともできるらしい。今度試してみたい。

一次発酵


本日、弊社エンジニアチームの立ち上げに伴う、募集要項及び記事が公開されました。

ミッションや要項については記事に書いてあるので、読むとわかります。
現職に参画してから1発目の採用活動の動き出しという事もあり、せっかくなので、今日に至る話とこれからのエンジニアチームについて書いてみようと思います。

誰?

yukpizと言います。
コロニーという会社で、VPoEをやっています。
Go/AWSが得意なエンジニアで、事業開発のレイヤーに足を突っ込んでいます。

サーバーレスやりたいなぁとか早くコード書きたいなぁとか考えてます。

趣味はスノボと釣りとゲーム(PC)と漫画とアニメです。
興味は料理(主にパン)と菜園と飲食店経営です。

何をやってきたか

コロニーの事業をスケールさせる為に、サービス/プロダクト開発に向けた課題の整理/検証、コンセプト作り、企画、デザインをやってきました。

プロダクトイメージが形になるにつれ、ひとりでサービス立ち上げに向けた開発を進めるのではなく、チームを発足させて事業開発スピードを最大化させるべきという点を考えてきました。

そういった背景もあり、本チャンのプロダクト企画と並行して、本格的な開発に向けたエンジニアチームの採用に動き出しています。

どういった理想像を持っているか(チームとして)

サービスの立ち上げという意味では創業期にあたるフェーズです。
小さく、素早く物事を前に進めていけるスピード重視/自己判断型/自立型のチームをイメージしています。

考えている要素を羅列しています。ざっくり『人』『文化』『環境』を軸に考えています。まだまだ浅いところではあるので、この辺りも深堀りして記事として公開したいところです。

  • サービス立ち上げ(ファーストリリース)に向けて、最も適したチーム編成とはなんなのか

今、使える力を使って編成できるチームは、どういった人たちが居ると最適であるのか、を考えています。

  • どういったチーム文化を目指すのか?

企業として掲げているミッションを軸に、エンジニアチームで作り上げる文化を考えています。

  • 働く人が気持ちよく自己成長を続けられる環境はなにか

働く人がサービスやプロダクトの開発を通して、継続的に成長できる要素や、それを実現する方法について考えています。

などなどです。
エンジニアとしてはもちろん経験を積みたい、それ以上にサービスとしての価値を考えながら、チームビルディングをやっていきたい人は是非一緒にやりましょう。

どうやって構築していくか

同じ会社の仲間として、お互いの理想(やりたいこと)を徹底的に合わせにいこうと考えています。
(これは色んな採用関係者の方とお話をさせて頂いて、一番いいなと思った事です)

短い人生の中で、多大な時間を仕事に使う訳ですし、
最終的に自分の事や夢に繋がる要素がなければ、やるべき事は他にあると考えています(仕事としてのやりがいや世の中への貢献があって、最終的には自分の力になっていくという意味)。

私自身が転職活動をする中でも、お互いの理想をしっかりと合わせに来てくれる企業には惹かれましたし、逆を言うとそのバランスが一方的になってしまうと、正直不安が残るというイメージがありました。

なので、コロニーとしての採用活動でも、『ベンチャーだから○○』みたいな一方的な話はせずに、企業として相手を必要としている事をしっかりと伝え、相手が求めている事を引き出し、明確に合わせにいくようなコミュニケーションを取りたいと考えています。

採用やってます

長々と書きましたが、こんな感じで採用やってます。

募集記事やこの記事で書けなかった事もお話できますので、
もちろん媒体を経由して応募して頂いて構いませんし、
とりあえず話がしてみたいという事であれば、直接DM等でコンタクト頂ければ幸いです。

MediumでTwitterアカウントが埋め込めない、
https://twitter.com/yukpiz です。

https://twitter.com/yukpiz

記事とは関係ないですが、こういった話を書いた後にコンタクトを取ると、『リファラルか!?』と思われそう、もちろんリファラルしたい気持ちもありますが、大部分でただ呑みたいだけだと思います。

おわり


記憶が曖昧ですが、転職活動は12月後半からやっていた気がしなくもない。
今の会社に内定が決まったのが、3月くらいだったと思う。
『コロナで転職市場が〜』みたいな話はあるけど、私の場合はコロナ禍に見舞われるちょっと前には既に内定が決まっていたので、コロナ流行がハードルになるようなシーンは無かった。

元々知り合いだった人がやってる会社だったので、一応『コロナやばいすけど4月から大丈夫です?』みたいな確認はしたけど、余裕で大丈夫だった。

最終的には全てリファラルで、ベンチャー中心に4社から内定貰っていて、今後の事業方針やら自分のやりたい事やら、後は働き方とか年収とか加味して1社に絞り込んだ。

Twitterにも書いたけど、先が見えないご時世の中でリファラルで声かけてくださった方々、本当にありがとうございました。
いつか一緒に働ける機会があればそうしたいし、本業が成功した暁にはリファラルする側としても繋がっていきたいと思っている。

なにやってるか

一言でいうとコンサル会社です。まだまだ設立してから3期目くらいの会社なんですが、凄い数の案件が走ってる、正直ビビった。

んで、私が入ったのは3期目にして、『事業をスケールさせる為の新しいサービスを検討段階からやってほしい』という話を貰ったから。

別に社内で事業開発部とかそんなものはないので、本当にゼロのゼロの立ち上げから、プロダクトを考えて、エンジニアチームを作って、IPOに向けて走っていく、そんな事を描きながら頑張っている。

そんなこんなで入社して2ヶ月が経ち、まだまだやることはいっぱいあるけど、ひとまず落ち着いて整理しようという気持ちになったので記事を書いている。

プロダクトについては、具体的なコンセプトやターゲットなんかはまだ表には出せないけど、自分がエンジニアだった事を忘れるくらい色んな事をやっている。

これからやること

日々のあれこれで細かいハードルはあるけど、概ね順調に進んでいる。

まだ内々に秘めてる話も混ざってるが、直近でいうと
MVPの洗練、とにかくプロダクト開発を前に進めて昨日よりは絶対に良くする。
本開発に向けたチーム編成も考えなければならない。
採用活動に動き出さねばならない。
数値と定性材料を持って、プロダクトの方向性を定めなければならない。
並行して組織文化構築みたいな話もある。

とか、やる事がたくさんあって、書ききれないし、どう暈して表現していいかもわからんのですが、こんな感じです。

なんか思ったこと

これまで良くも悪くもエンジニアだったので、『エンジニアとして』の価値の出し方とか働き方とかそんな事ばっか考えてた。

それはそれで悪い事ではないんだけど、そこはもちろん具現化しやすい思考として置いておいて、改めて違う業界や物事の視野を広げて全体を見なくてはという気持ちになってる。

良くも悪くもというのは、『エンジニアだったから』売上への責任が皆無だった(もしくはあったとしても間接的/擬似的なものであった)とか、結果的に会社全体を良くする可能性は高いけど、あらゆる事象がエンジニア目線で語られていた。とかそんなところ。

人間なんてどこまで行けば一人前とか無いので、自分で枠作らずに学べるうちに視野広げておこうという事を考えた。

まとめ

ポエムなので特になし


フルタイムの本業をやりながら、夜と週末は副業するみたいな働き方をしている。

いつもカフェを転々としながら仕事場所を探していたけど、席が空いてなかったり、引越した先で新しいカフェの開拓とかが億劫になったので検討しはじめた。

結局、2020年の2月頃にレンタルオフィスを借りた。
『レンタルオフィス』と言っても色々ある。

自分が調べたりした中で、相場的に高い順に並べると、

  • 個室オフィス
  • レンタルデスク
  • オープンスペース
  • バーチャルオフィス(というのがあるが、今回は触れない)

くらいが存在していると思う。

『個室オフィス』はその名の通りフロア内の個室を完全に自分のスペースとして使うことができる。ピンキリだけど価格はそれなりに高い。

『レンタルデスク』は、部屋自体はシェアされているが、自分専用のデスクを使えるというもの。専有デスクなので、モニタ等の私物を置ける。個室に比べると価格は抑えられる。

『オープンスペース』は、部屋もデスクも全てシェア。使いたい時に来て、空いている場所を使う事ができる。

要件的な

必須

  • 価格(3万〜7万、個人事業経費で問題ない範囲で)
  • 専有デスクであること
  • 自宅から行きやすい(乗り換えが少なく、30分くらいまでなら)

あると嬉しい

  • フリードリンク
  • 複数拠点の利用権利

とまあ、色々ある。

ある程度この駅近が良いみたいなのを決めて、
ネットで『○○駅 レンタルオフィス』とかで調べたら色々出てくる。
良さそうな場所が見つかったら、電話かなにかで内見予約するだけ。

どこに決めたか

結果的に決めたのは、全国に拠点のある大手レンタルオフィス企業。
価格は月額5万円くらい。

全国に拠点があると、初回の内見で駅や価格の要件を伝えたら、他の拠点から見繕ってくれたりするので楽だった。

内見する中でここ良いなとか微妙だなーとか思った点をつらつら書いておく。

内見で微妙だなと思った事

  • 駅からとてつもなく遠い(上り坂を歩いて20分とか)
  • 拠点がそこしかない
  • 部屋が暗い、汚い
  • 机が繋がっていたりすると、既存利用者の私物侵食が激しい

内見で良いなと思った事

  • 全国に拠点があり、契約拠点以外のオープンスペースを自由に使える
  • 受付の人がいる(Amazonの荷物とか平日なら代理で受け取ってくれる)
  • 住所と電話番号が使える
  • ゴミ出しや掃除をやってくれる

4ヶ月使ってみて

緊急事態宣言で使わない時期もあったので、実質は3ヶ月程度かな。
便利に使わせてもらっている。雰囲気や人の多さも、概ね内見時に確認した通りで使いやすい。

レンタルオフィス代を家賃に追加して、仕事部屋作ればいいじゃんとかも考えたけど、引っ越したてですぐには動けなかったり、経費計算がめんどくせえとか色々あって、レンタルオフィスにした。

あとは契約している拠点以外の場所で、オープンスペースが自由に使えたりするので、帰省や旅行したりしながら普通にフルタイムで働くみたいな事ができなくもない。

副業やってたり、フリーランスでカフェ転々としてますみたいな人は検討してみると良いかも。


14時起床。
少し仕事して、ソファでぐったりする前に勢いで家を出た。

多摩川台公園に寄って帰るつもりだったけど、
かなりの人混みだったのでルート変更。

田園調布駅→多摩川台公園→六郷用水遊歩道→西嶺高砂公園。


飽きっぽいんですよね。
最後に書いた記事はいつだったかな、あの頃は輝いていた。

たまに書きたくなるポエムはQiitaだと書けないので、だいぶ前に捨てた。
(発信者としては使わなくなったけど、読み手としてはいつも便利に使わせて貰っています)

noteはなんか意識高い記事を書かないといけないようなプレッシャーに駆られたのでなんか諦めた(多分、実際はそんなことないし、違う)

Mediumは公開されている記事のURLを入力すると、自動で記事を取り込んでくれるみたい。
記事を移行するつもりはなかったけど、お試しでnoteから1つの記事を取り込んでみた。
取り込んだ内容は”ほぼ”完璧で、ソースコード内の改行が消えていたくらい、あと画像はさすがに取れてなかったから、手動でコピーしてきた。

全部手直しするのは億劫だし、古い記事でも見てくれている人はいるっぽいので、他の記事は移行せずにそのまま放置しておく。

色々ネタもあるので、近況とか考えた事とか、あとできたら技術的な記事も書けたらいいな。

6月にはARKの新マップが出るので、マルチ鯖でクラスター間移動する話でも書くか。


yukpiz です。最近コロナの影響で外出を控えるようになり、やむを得ずMinecraftやらARKをプレイして引きこもっています。

今回はARK面白いのでマルチ鯖構築してみんなで遊びましょうという事で、LightsailのUbuntu18.04にマルチサーバーを構築してみます。
ARK: Survival Evolved

ちなみに自宅のゲーム用PCなどを使って、ASM(ARK Server Manager)やHamachiを使った個人サーバーの公開方法もあるようですが、ここでは触れません。

今回用意したサーバーは以下です。同サーバー内でMinecraftが稼働していることと、ARKシングルプレイを事前に試したところ、かなりのリソースを利用したことから、少しだけスペックを向上させています。

yukpiz

#Go #AWS お仕事のご依頼はDMにて https://labo.yukpiz.me

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store