Google Cloud StorageでLifecycle!

Website Logging設定したあとにLifecycleで古いファイルを消したりできる!

便利だし簡単!

lifecycle_config.json

こんなファイルを作って

{
"rule":
[
{
"action": {"type": "Delete"},
"condition": {"age": 365}
}
]
}

gsutilで設定

gsutil lifecycle set lifecycle_config.json gs://logs_xxx_xxxx_xxx

設定確認

gsutil lifecycle get gs://logs_xxx_xxxx_xxx

するとファイルが消されて行きます。

検証してみる

ちょっとわかりにくいかもしれないけど
以下は検証目的で1日で削除するように設定した例

{
"rule":
[
{
"action": {"type": "Delete"},
"condition": {"age": 1}
}
]
}
Google Cloud Storage

4日間程度放置してみたけどファイルは1日分を残して消されてます。

あと重要なのはGoogle Cloud Storage Nearlineでも使えること!