イベント企画・運営が楽しくてしかたがない君へ

イベント企画・運営は麻薬だ。多少運営がつらかったとしても,イベントが終わって一息ついた次の日にはまた次のイベントを企画したくなる。

私もそんな一人だ。高校時代の文化祭実行委員に始まり,大学では生協学生委員会を経て,学園祭で本格的ジャズバーを開催するサークルを立ち上げたりした。大学で働くようになった今でも,シンポジウムにワークショップ,勉強会の企画・運営に携わる日々。

私たちの強み x 教育 研究室では,そんな君が活躍できる場がある。私たちが大事にしている「起業家マインド」の源泉の一つは企画力・運営力だ。自分たちが開発するアプリケーションを企画するとき,授業で後輩たちに囲まれてリーダーシップを発揮するとき,勉強会に主体的に関わるとき,ユーザーを観察するフィールドワークをするとき。そんなときに君の企画力・運営力が力を発揮する。

ただ一つ大事にしたい想いがある。それはイベントをただひととき,一過性のものだけで終わらせるのではなく,ライフワーク的・継続的なものにしたいんだ。イベントの企画・運営が楽しくてしかたがない君は,たぶんイベントにこめたい想いだったりテーマだったりを持っていると思うんだ。そういう「魂」をこめて,ともに成長しながら「魂」を大事に育んでいく。イベントを通して周囲に「魂」にこめた想いを語りかけていく。そういうことを大事にしたい。

もし君が自分のライフワークとなるようなテーマを探しているならば,あるいはすでにそのようなテーマを見つけているならば,ぜひ君と話がしたい。私は,それを掘り起こし,価値観,ミッション,ビジョンとしてまとめあげていくお手伝いがしたい。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Susumu Yamazaki’s story.