投票のデザインがひどい

比例代表選挙の投票方式が衆院選と参院選で違うんですよね。違う概念を、同じ名前で呼ぶのは、初歩的なデザインミスですね。ユーザーを混乱させます。

衆議院議員総選挙の小選挙区選挙と比例代表選挙の投票方法の説明図(比例代表選挙で有権者は政党名を記載して投票する)
参議院議員通常選挙の選挙区選挙と比例代表選挙の投票方法の説明図(比例代表選挙で有権者は当選させたい候補者名または政党名のいずれかを記載して投票する)
7. 選挙による投票方法の違い
私たちの選挙では、選挙によって投票方法が違います。
特に間違えやすいのが、衆議院と参議院の比例代表選挙の違いです。あなたの一票を有効に生かせるよう、しっかり覚えておくことが大切です。

via 総務省の投票情報「なるほど!選挙」

いやいやいやいや、「なるほど」しませんって。「しっかり覚えましょう」じゃなくて、デザインの問題ですから。ユーザーに責任転嫁するのは止めて欲しいです。

「投票のデザインがひどいので改善すべきだ」という意見は誰に言えばいいんでしょう?

情報建築家からは以上です。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.