ALOHA ということばについて

わたしがはじめてハワイ島を訪れたのは、2011年です。

今から6年前になります。

ポラリティセラピーのワークショップに参加することが目的でした。

マイレージを使うつもりでフライトの予約をしたら、帰りの便が1ヶ月半

後・・・・・。

宿も決めず、なんとかなるでしょ〜と向かったハワイ島。

ワークショップが終わり、ともだちが先に泊まっていた方の家にまずはお

世話になることにしました。

その方が、最近は仲間内でニック校長って呼んでいるニック・加藤さんで

した。

予定ではカウアイ島に移動するつもりだったのに、結局ニック邸に最後ま

でお世話になりました。

このニックさんとの出会いから、わたしのハワイ島とのご縁ははじまりで

す。

ヒロは、ずーっと雨続きでした。

朝早くから、まる1日かけてニックさんに島を案内してもらった日があり

ました。

この時のドライブで、わたしがいちばん気になった場所がありました。

ケアラケクアの町。

それから月日は5年過ぎ、2回目に訪れたのが去年、2016年です。

なにも変わらず、あたたかく迎えてくれたニックさんとハワイ島。

「やっぱりここがわたしの土地だ」

を実感した5年ぶりのハワイ島。

そして、去年Airbnbでさがした宿が、わたしの大切な場所になりました。

5年前に気になったケアラケクアのとなりにあるキャプテンクックにその

コーヒーファームはあります。

このコーヒーファームには、すべてにALOHAを感じます。

でも、きっとそれはわたしにとってのALOHAなんだと思います。

ALOHAの意味を語るほど、わたしはハワイに精通しているわけでも、通い

詰めているわけでもありません。

でも、ありがたいことに、その場所を訪れてこころで感じました。

ALOHAの意味について書いてあるhawaii.jpさんの記事を貼りますね。

どうぞ こちら をごらんください。

いつも、そこにはひとりで滞在します。

帰ってきたとき、滞在している間、自然と笑顔があふれ、時々は涙が溢れ

ます。

ファームで仲良くなったドイツ人の女性と一緒に、マーケットに行った時

のことです。

多くのローカルの人に「Aloha」と声をかけてもらいました。

「だってあなたたちほんとうに素敵な笑顔だもの」と解説付きで。

笑顔をほめられるなんて、いつ以来だか記憶がないくらいでした。

こころからの笑顔 という表現があります。

作らない笑顔。

瞳の奥にうそのない笑顔。

きっと、どこか自分自身に偽りを持っていたらできない笑顔です。

最近のわたし。笑ってるなぁ〜

笑顔にまったく縁のなかった時

代を過ごしたわたしでも、また

ほめられるような笑顔が表現で

きる人になりました。

それが、ハワイの持つALOHA

のエネルギーなんじゃあないか

な?って、今のわたしはこころ

から感じています。

溝の口で借りているサロンのオーナーゆっこがホテルニューグランドのラウンジでDJをした時の、バーレスクダンサー・ミス・キャバレッタ嬢が撮った写真を拝借しました。ありがと!♡ みんなナイススマイル☺︎

10月12日からのハワイ島リトリートまで、1ヶ月を切りました。

あと2名さまご参加いただけます。

きょうのJAL直行便のお値段は、88506円でした。

リトリートの詳細は、こちらのblogをごらんください。

blogには書いてありませんが、2日目ホノカアの後に、ニック加藤さんの

お家で休憩させていただけることになりました。

オールドハワイアンスタイルのすてきなおうちですよ! お楽しみに♡

ヒロにあるニックさんのお家のリビングです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ハワイ島とのすてきなご縁がありますように!

Mahalo nui loa🌺