よりわからなくなるアップデートはおもしろい!

Twiiterなどで自分に降ってくる沢山の情報の中で
「言いたいことの100%はわからなよー」というつぶやきによく出会うですが、それって「スゴくおもしろい」ことに気づきました。
きっかけは、ハードコア理系アーティスト・スプツニ子さんのこのつぶやき

というか「作品で伝えたいメッセージ」という言い回しを早く撲滅してほしい。「メッセージを伝えよう」と作品つくってる作家なんているのか。安易に答えが 見えないから作品で模索してんじゃん。もしメッセージあるならもう答え出ちゃってるじゃん。さっきも言ったけどそれならツイートするって。
Sputniko! スプツニ子!さんtwitter @5putniko より
https://twitter.com/5putniko/status/640395404580749312

「早く撲滅して」と言って、
さらに「それならツイートするって」と重ねてるところ、しびれますネー
これは広く拡散されました。
そしたら約10日後

「○○というメッセージを込めて作品を作りました(キラッ)」という言い回しに違和感を感じる、というツイートが先日に拡散されたんだけど、それを見た多 くの人が「作品にコンセプトなんていらねえ!感じろ!」みたいな、全く違う主張を私がしていると勘違いしてたりして、マジで笑えない。笑
Sputniko! スプツニ子!さんtwitter @5putniko より
https://twitter.com/5putniko/status/644185675261214720

見事なアップデートいただきました。
偶然、
「作品にコンセプトなんていらねえ!感じろ!」
という主張を目にしなかったのですが、
見ていたら、見事に先のスプツニ子さんのつぶやきにつなげて
「そうそう」って思ってかもしれないです。

このアップデートは
僕にとって今回のテーマをよりむずかしくしてくれました。
えっ?「感じろ!」 という考えはつながらないんだー。
「わかろう」ともう一回、元の言葉に戻ってみたりして。

そうやりながら、
この「わからない」がおもしろいんだー、って思ったんです。
「簡単にわからない」これこそ、
「安易に答えが見えないから模索してんじゃん!」なのでは。

わからなくなるアップデートはおもしろい、と思うようにしよう!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.