先日、用があって奈良から大阪、そして大阪から奈良と車で走った。道中色んなところでさくらが咲いてるのを見かけた。時間がなかったので写真は撮ってないんだけど、こうもさくらばっかり咲いてると、単にさくらってだけではもはや注目されないのでは?と他人事ながら心配になってしまう。

例えばやたらたくさん咲いてて圧巻だとか、横に他の花が咲いてて色のコントラストがきれいとか、実はこのさくらの樹の下には悲恋の村娘が生き埋めされてて夜な夜な化けて出るとか。もはや単に屍体が埋まってるだけでは駄目なのである。さくら自身が自分の根を足にして歩くぐらいで一人前である。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Masakazu Katayama’s story.