偉人が残した「直感を信じろ」とは

僕が初めてこの言葉を聞いたのはSteve Jobsのスタンフォード大学でのスピーチです。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma — which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. 
Everything else is secondary.
 — Steve Jobs
あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きて無駄に過ごしてはいけない。
ドグマ(常識、既存の理論)にとらわれるな。
それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。
他人の意見が雑音のように、あなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。
そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持つことだ。
それはどういうわけか、あなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。
それ以外のことは、全部二の次だ。

この言葉に出会った当初、この言葉の意味を理解できてませんでした。
しかし、その後いくつかの実体験を重ねることで、最近やっと「実感」することができました。

これは人生を楽しくするシンプルかつ最強法則だと、今は僕も思います。

勝手ながらこの記事では、上のSteve Jobsの引用を自分の解釈で説明していきます。

まず、このJobsの発言の本質(Jobsが最も伝えたいこと)は、
「時間は有限だから、あなたの本当にやりたいことだけに時間を使え」
だと思います。

あとの発言は、この発言の本質「自分が本当にやりたいことをやれ」を実現するためのアドバイス(方法)を述べているだけです。
そのアドバイスは以下の2つにまとめられると思います。

⑴ 自分が本当にやりたいことをやるためには、自分の心と直感を信じろ。
⑵「自分がやりたいことをやる」ことを阻害されないために、他人の考えのもとで生きるな
(自分の本当にやりたいことが見えなくなるから、常識や既存の理論に囚われるな。)

アドバイスについては、のちに説明しますので、
まずはこのJobsの言葉の本質「自分が本当にやりたいことをやれ」から考えていきましょう。

なぜ「本当にやりたいこと」だけに時間を使うべきなのか?

一言でいうと「有限の時間で、人生を最高のものにするため」だと僕は思います。

では、なぜ「本当にやりたいこと」に集中することが、「人生を最高にする」ことに繋がるのでしょうか?

それは「本当にやりたいこと」をやることで、以下の二つのメリットを得れるからだと考えています。

⑴ 今を楽しめる
⑵ 結果にプラスの影響を与える

⑴ 今を楽しめる

これは純粋に「本当にやりたいこと」をやることは、楽しさ、ワクワクといったプラスの感情に直接繋がるからです。

ここでの楽しさとは表面的な楽しさだけではなく、自分がやりたいことをやってる過程で遭遇する「壁」と向き合うプロセスなども含まれます。
自分が本当にやりたいことは、困難も含めて苦しみながらも、「自分がやりたくないこと」をやってるときとは違うプラスの感覚があることが多いでしょう。

そしてここでのポイントは、楽しめる(プラスの感覚が湧く)のは「今この瞬間」だということです。

「人生」とは「今この瞬間」が連続した結果です。
「今この瞬間」を最高にし続け、それを積み重ねることが「人生」を最高にする方法ではないでしょうか。

理想の「将来」を手にいれるために「今」を犠牲にする考えもあるとは思いますが、それは「将来」と「今」両方を楽しめる方法を吟味してからでも悪くないと思います。

「今」の連続が「人生」となるのに、「今」をないがしろにするのはもったいないです。

「本当にやりたいこと」をやると「今」を楽しめる。
「今を楽しむ」ことを積み重ねると、「人生」が楽しくなる。
僕はそう考えています。

⑵ 結果にプラスの影響を与える

これは自分がやりたいことをやっている人と、義務でやってる人のモチベーションの質(のめり込み具合など)に差が生まれ、結果に影響を与えると考えるからです。

また、楽しんでやってるからこそ、本当にやりたいことだからこそ、見えてくる視点や気づき、人を引き寄せる力など、結果をプラスにする要因はたくさんあるんじゃないかなーと思います。

結果がより良くなればなるほど、「本当にやりたいこと」をやるための「力」を得れます。
そして「力」がつけば、自分のできることの幅が広がり、より多くの「本当にやりたいこと」ができるようになり、「今」をより楽しむことができます。

このようなプラスのサイクルが生まれれば、人生がよりよいものになる可能性も高いでしょう。

上記の2つのメリットで、「本当にやりたいこと」は「人生を最高にする」ことに繋がるという考え自体は分かってもらえたのではないでしょうか。

しかし「本当にやりたいこと」をやれてない人が多いのも事実です。

それはなぜでしょうか?

もしあなたが、「本当にやりたいこと」がやれてないのであれば、理由は以下の2つが考えられます。

(ⅰ) 自分の「本当にやりたいこと」が分からない
(ⅱ) 「本当にやりたいこと」は分かるが、実行できない

ではこの2つの問題点を解消し、「本当にやりたいこと」をやるためにはどうすればいいのでしょうか?

Jobsが残した「本当にやりたいことをやる」ためのたった2つの方法

Jobは以下の2つの方法をアドバイスとして添えています。

⑴ 自分が本当にやりたいことをやるために、自分の心と直感を信じろ。
⑵「自分がやりたいことをやる」ことを阻害されないために、他人の考えのもとで生きるな
(自分の本当にやりたいことが見えなくなるから、常識や既存の理論に囚われるな。)

⑴は、(ⅰ)の「自分の『本当にやりたいこと』が分からない」という問題点への、
⑵は、(ⅱ)の「『本当にやりたいこと』は分かるが、実行できない」という問題点へのアドバイスとなっています。

⑴ 自分が本当にやりたいことをやるために、自分の心と直感を信じろ

これはどういうことでしょうか?

僕は最初この言葉を全然理解できず、
「直感というあてずっぽうな感覚は、本当に自分のやりたいことだと信じて突き進めといいたいのか??」
と思ってました。

「直感=本当にやりたいこと」とJobsが考える理由が分からなかったのです。

しかし、ある先輩からヒントをもらえたことがきっかけで僕も理解することができました。

ではどういう論理でJobsは「直感=本当にやりたいこと」だと言っていたのでしょうか?

まず、「直感」(ワクワクや、やってみたい!というプラスの感覚)は、「やってよかった」「楽しかった」「成功した」などの「快」を感じた自身の経験の集合体から生まれている感覚だと考えます。

なのでその「ワクワクする」感覚の先にあるものは、無作為に選ばれたものではなく、過去の経験を体が覚えており、無意識レベルで精査された、再び「快」をもたらす、あなたが本当にやりたいことだと考えられます。

あなたがやってみたい!と思うことは、身体が覚えているように、また「やってよかった」という感覚を生み出す可能性が高いということです。

このように考えると「直感」は僕が初めに感じた「あてずっぽうな感覚」ではなく、経験からきた「精度の高い感覚」だと考えれないでしょうか?

僕はこの考えのもと「直感」は信じるに価すると、今では考えています。

Jobsがなぜ「自分が本当にやりたいことをやるために、自分の心と直感を信じろ」と言ったのか理解してもらえたでしょうか?

もし「直感=本当にやりたいこと」というのを理解し、自分のやりたいことが分かっても安心してはいられません。
なぜなら「本当にやりたいこと」が分かってても、それを実行しないと何も生まれないからです。
世間体、常識などが頭をよぎり、「本当にやりたいこと」は頭で分かってるのに実行できない人も多いと思います。

Jobsはそんな問題に対してもアドバイスをしてくれています。

⑵「自分がやりたいことをやる」ことを阻害されないために、他人の考えのもとで生きるな

これは上のJobsの発言だけでも、何度も言い換えて述べられているように、
とても大切なことだと僕も思います。

「他人の人生を生きて無駄に過ごしてはいけない」
「ドグマ(常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。」
「他人の意見が雑音のように、あなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい」

Jobsは、他人の考え(常識、既存の理論、意見)は、「自分のやりたいことをやる」ということを阻害すると警告しています。

しかし、この他人の考えを無視して、自分のやりたいことを突き通すことは難しい人の方が多いでしょう。
なぜなら、長年他人の考え(特に常識)を基準に考えるという習慣が深く染みついているからです。

では、どうすれば他人の考えに縛られない考え方ができるようになるのでしょうか?

僕は以下の3つのステップで考えていくのが、適切だと考えています。

⑴ “常識”はある地域の価値観の傾向でしかないことを知る
⑵ この世に絶対的な基準はないことを知る
⑶ 自分の価値観を物事の基準に置く

⑴ “常識”はある地域の価値観の傾向でしかない

これはあなたの知っている常識は、あなたの地域の多数派の意見でしかないということです。

別の地域に行くと、あなたの知っている常識は常識じゃなくなる(少数派の意見になる)可能性もあるということです。

つまりこの世に絶対的な基準はなく、あなたの知っている常識も絶対的なものではないことが分かります。

⑵ この世に絶対的な基準はないことを知る

この世に絶対的な基準がないことがわかればあなたは自由です。

あなたは、もうあなたの知っている常識(あなたの地域での多数派の意見)に従う必要はないと気付けるからです。

この世に絶対的な善悪はありません。
あなたがいくら批判されても、それはただのその地域、その時代の一意見でしかありません。

時間が経ったり、場所を変えると正しいことが、今自分の環境内でだけ偶然否定されているだけだとしたら、他人の考え(常識、規定の概念)に従うのはアホらしくなりませんか?

(ただあなたの住む地域には、罰則が明言されたルール(法律)があります。
それを破ることは、あなたにとってデメリットが多すぎることもあるので、そこには注意したほうがいいでしょう。
そしてそのルールにあなたは守られてることが多いのも事実です
しかし、ルールにも思考を縛られてはいけません。
あくまでそれは一地域のルールと意識をしておくことは大切です。)

⑶ 自分の価値観を物事の基準に置く

絶対的な基準がないということは、人によって基準が違うということです。

あなたはあなたの基準を作っていいということです。

それはあなたの価値観を物事の基準にしてよいということです。

あなたの価値観を物事の基準に置くことをマスターできると、もうあなたは「他人の考え」に遮られることはありません。

あなたの「本当にやりたいこと」に集中することができるようになるでしょう。

Jobsの与えてくれた2つのアドバイスによって、「本当にやりたいことをやる」過程での2つの問題点、
(ⅰ)「自分の『本当にやりたいこと』が分からない」
(ⅱ)「『本当にやりたいこと』は分かるが、実行できない」
を解消できるのではないでしょうか。

そしてその問題点を解消できたら、あとはあなたが「本当にやりたいこと」を実行するのみです。

それは「今この瞬間」を最高にし、それを積み重ねることによって「人生」を最高にすることに繋がるのではないでしょうか。

そしてそれがJobsがこの発言で伝えたかった「本質」だと思っています。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

これは全て僕の勝手な解釈であり、Steve Jobsはもっと別の意図があった可能性ももちろんありますので、そこはご了承ください。

Steve Jobsだけでなく、偉人の残した偉大な言葉は、たくさんあります。

僕はその言葉の意図を完全に理解せずに、コピペしてよく使ってました。笑

そして、コピペ後、本当の意図(本当に本当の意図かどうかは分かりませんが)に気付くたびに、「さすがやん」と思わされます。

この記事を読んで、みなさんが「Jobsさすがやん」って思ってもらえることに繋がれば、とても嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。