混沌シンフォニ, 
Symphony of Chaos

Isabella Yang

部屋は暗かった。一つの光しかなかった。ランプは机を朧気に照らしていた。音楽は、椎名林檎だった。
 窓の外は都会の夜だった。見上げた紺青は毎日と代わり映えせず、音楽だっていつもと同じ大きさだった。
 「やっぱりあの日の思い出は濃いままだね」
 部屋の隅に鎮座するお琴の上は、ほこりまみれだった。先日壊したばかりの弦はまだ壊れたままだった。新品の琴だったが、初日から壊れた。
 「人生だってそう…でしょ?」
 秋は深く、葉っぱを燃やしたような匂いが漂っていた。あの人と会った日は、そのような秋の日だったーかもしれない。
 あの人と会った日―あの笑顔を見た日―
 「ちょっと寒くなってきたね。もうちょっとこっちに寄ってこない?ジャンパーも必要?」
 …そんな温かさ。
 あの日の温かさを、あの日の紺青の夜空と一緒に、今日の今日まで覚えていた。でも、「愛」などと呼ばれる感情は覚えていなかった。それは琴の弦みたいなもの、自分の手で壊しちゃったんだ。
 椎名林檎の声は、死んだ愛について歌っていた。「夢のあと」と名付けられたその曲の中で、オーケストラは凄まじく陰鬱なシンフォニーを奏でていた。「夢のあと」…やっぱり夢になったね。
 「起こさないで…」
 ベッドの上で、一人で、街の夜を見ていた。過去は忽ちその夜に消えていった。摘んだ銀木犀の花も、冬に二人で見た薄雪も、交わした未来の約束もまた消えていった。
 「さあ、月ちゃん、愛はただ愛なんだよね。いつだって愛のままだね」
 「本当に?」
 「愛はただ愛なんだ」という言葉は、本気の言葉だった。でも、私はそんな重荷を引き受けることができなかった。弦の上の力も、感情も。重くなり過ぎたとたん、心が壊されちゃった。
 それでもなお、私はそんな温かさを求めていた。
 「取り乱し過ぎちゃった。じゃ、ちょっとお風呂に入らせて」
 お風呂は暖かくて、小さな浴室は蒸気の靄に染め上げられた。最初の一言を、一瞬にして頭に浮かんだ。
 「お名前は」
 「月です」
 「月ですか…あなたはきっと綺麗で遥かな人なんでしょうね」
 外の部屋では、オーケストラの音がまだ響いていた。
 「どうしてこんな気持ち…」
 そして、あの秋の夜―
 「私たち、今付き合っているのかな?」
 「かもしれないね」
 お風呂の中で、私は何故泣いていたのだろう。夜の寒さからだろうか。

The room was dark. There was nothing but one sole light. The lamp diffused a faint orange color upon the desk. The music was Sheena Ringo.
 Outside the window was the city’s night. The deep Prussian blue above was unchanged from its everyday shade; even the sounds were of unvarying amplitudes.
 “The flavor of that day’s memory is still strong after all.”
 Dust has fallen all over the koto sitting in the corner of the room. The string just broken the other day remained broken. It was a brand new koto, but had been broken since the very first day.
 “And so is life…isn’t it?”
 Fall is deep now, and there was a certain scent of burning leaves. The day I met that person — it was a day like this — perhaps.
 The day I met that person — the day I saw that smile –
 “Hey, it’s becoming colder. Want to move a little closer? Do you need this jacket?”
 …the warmth, as such.
 The warmth of that day, together with the Prussian blue of the night sky, was something I remembered up to this day. But I couldn’t remember the emotion called “love.” It was like the koto string: I broke it myself.
 Sheena Ringo was singing about some dead love. The song was called “After the Dream,” and the orchestra produced an extremely sad symphony. “After the Dream…” It had become a dream after all.
 “Please don’t wake me up…”
 I sat on the bed, alone, and watched the city night. The past: it swiftly faded into such a night. The plucked flowers of sweet olive trees, the thin snow in winter seen by two together, the already-made promises of the future — they have all disappeared.
 “Hey, Tsuki-chan, love is only love. It is always love.”
 “Is it, truly?”
 Words such as “love is only love,” they were words of the heart. However, I could never bear anything too heavy: the force on the string, and emotions as well. When they became too heavy, the heart breaks.
 But, still — I still craved that kind of warmth.
 “This is too chaotic. Ah, let me go into the bath for a little bit.”
 The bath was warm, and vapor painted the small bathroom a misty shade. For one moment, I suddenly remembered the very first words:
 “Your name is?”
 “Tsuki.”
 “Tsuki — the moon. Ah, you must be a beautiful and distant one.”
 In the room outside, sounds from the symphony were still playing.
 “Why am I feeling this way…”
 And, that fall night –
 “Are we dating now?”
 “Maybe.”
 — Why am I shedding tears in the bath? It must be because the night is too cold.