VW ゴルフGTX 平成12年 エンジン不調

BBSホイールなどなど隅々までキマッテル

平成12年新車登録のフォルクスワーゲン・ゴルフGTXがエンジン不調で入庫した。すでに16年経過した車だが内装もしっくでかっこいい。必ず不調原因を突き止めてオーナーの元へ返したい。

足元はBBSホイールで決めている。非常に綺麗に保たれておりオーナーの愛着の深さが見て取れる。

運転席周りも黒で決まってる!レザーシートの状態が16年前のものとは思えないほど状態がいいのでつい触ってみたが、ザラつき感が全くなかった。

このころのゴルフはエンブレムがやけに大きい。俺様はゴルフやでって感じ。

エンジン不調の原因がいくつか考えられるのでテスター診断以外にも五感を澄まして診断しているところだ。担当は輸入車修理に携わって56年の井上が担当している。

輸入車・VWゴルフの車検・故障修理・中古車・板金塗装でお困りの方で、アクトジャパンのことを更に詳しく知りたい方は ☟

お急ぎの方は、今スグお問い合わせください。

輸入車の車検・修理・板金塗装のお問い合わせ
・お電話の方は、092–938–2231へ
・ メールの方は、actjapan@gmail.com

福岡で創業90年、ゴルフの車検 故障 修理。オイル漏れ・オーバーヒート・エンスト・エアコン・ブレーキ・ハンドル・オートマの異音・不具合なら、アクトジャパンへ