消防士の救出作業を人工知能で最適化するNASAの取り組み

米国の人命救助分野への応用をご紹介します

米国NASAの研究事例をご紹介します:

  • 消防士が緊急事態から避難する人達を誘導しやすくする人工知能の仕組みAUDERYをNASAの科学者とエンジニアチームが開発。来年ローンチ予定。
  • 予測が難しかった出火や化学物質の漏れを予測し避難経路のアドバイスを行う
  • AUDREYはAssistant for Understanding Data through Reasoning, Extraction and sYnthesis(理由付け・抽出・分析によるデータ理解アシスタント)と名付けられている
  • 消防士の救助活動の度に現場で詳細なネットワークデータを取得。避難者は非常に不確定要素の多い激変する状況で意思決定をしなければならない。AUDREYは取得したデータを機械学習にかけ、避難者により良い避難情報を与える。よってAUDREYは事例を学習する時間が必要で、徐々に精度が上がっていく予定である。
  • AUDREYは国家安全省とNASAの共同開発で進められている。
  • mini-AUDREYはスマートフォンやインターネットからもアクセス可能となる。将来的にはLEDライトのデバイスから音声コマンドで動作する様になる。

参照記事はこちら

追伸:Team AIでは人工知能専門に受託開発を承ります。

いまなら無料で御社のビジネスに効く人工知能技術コンサルティング致しますので、

是非dai@jenio.coまでご連絡ください。